「最新の株価予想! (株)石川製作所(6208)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)石川製作所(6208)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)石川製作所の株価チャート

【2020.1.27本日の注目株/推奨株(パンデミック関連極秘情報入手/厳選3銘柄推奨!)】

【2020.1.27本日の注目株/推奨株(パンデミック関連極秘情報入手/厳選3銘柄推奨!)

お疲れ様です。 フィデリア藤崎です。

 

やはり来たかという下落相場。夜間での米株売り仕掛けは急転直下で見てて凄いスピードでした。

この下落を利益に変える手法の比較もしてるのでジックリ読んでみて下さい!

日経先物は、ほぼFXと同じ買い/売りの2拓、オプション取引はかなりマニアックな知識が必要なのでセミナーが必要なレベルですが、

これを知ると全体的に、どんな相場が来ても利益が出せる為、気分は楽になると思います。

オプションの勉強サイトで一番分かりやすいモノだけ紹介しますね(これで理解できる人はあまりいませんが、これを元に1ヶ月ほど相場を体験して値動きを見ると慣れると思います。)

<オプション取引の基礎>
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_op&cat1=op&cat2=guide&dir=guide&file=op_guide_13.html

※取引手法は、コール(上昇権利)買い/売り、プット買い/売りの4種類ありますが、最初はプット買いのみ覚えると良いです!
(オプションの売りは証拠金高く、リスクが無限より推奨しません!!急落時の保険取引としてプット買いは最も最適なポジションです。)

<Youtube解説>
https://moeai.info/11516/.html

 

 

【今週の日経平均予想】

日経平均先物は、一時23550円まで下落。日経平均(ザラ場ベース)

去年の11月~12/9のトリプルトップ風のサポートラインから少し反発で終了。

月曜日の週初めは、日経平均は短期的に戻り上昇を予想(ニューヨークダウは、まだ押し目買い段階のチャートより)

戻り一杯からは、3年掛かりで英国には悲願のブレグジットが週末に控えており、

警戒から換金売りには注意しておきたい。

もし、売り圧力が強く23550円(23500円)を下回って来た場合は、多少大きな下げになる可能性が高い。

いつものトランプツイートで上げて来るかがポイントとみます。

 

ちなみに、個別株相場の目安となるジャスダック指数が天井サイン風から

売りサイン点灯より高値圏銘柄は売りが出やすいと予想されます。

更に言えば、ジャスダック指数は高値圏からの売りサインより下落し出すと早い事、

 

また、マザーズ指数の主要のメルカリ(4385) 4385 株価と銘柄情報 がM&Aによる赤字を懸念して底割れ、

同じくマザーズ指数組み入れ比率上位のミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報 も底割れから、

マザーズ先物を利用した売り仕掛けも予想されるので注意したい局面。

優良大型株は短期は、リバウンドで買い狙い。週末にはポジションは解消しておきたい。

また、新興全体のジャスダック関連及び、マザーズ指数関連銘柄はポジション外し又は、

マザーズ指数の売りが狙えるタイミングと予想します。

それに合わせて、個別銘柄戦略は大幅に更新しています。

 

トレンド転換、小型株相場の転換時は大きく下落する銘柄が出てきます。

その前に、利食い/損切りを終わらせて、美味しい銘柄のみに美味しいタイミングで投資すれば良いだけです!

 

 

<コラム:相場に絶対という言葉は絶対にない>

相場に絶対という言葉は絶対ない!と言う事は絶対的に言えます。

よって、常にもし思惑と反対の動きとなった場合の事を考えて、1割の勝ち組トレーダーは売買を常に行っています。

また、今回のようにかなり高確率で起こり得る時に大きく勝負し数か月~1年くらいの利益まで出すのがプロの投資家の手法でもあります。

如何せん、二日連続で近日の暴落を大胆予想した結果、予想通りの日経平均先物は暴落し、

750の壁(日経平均先物23750円)を下抜けて下落相場鮮明から、

日経先物は夜間23550円まで暴落しました。(金曜終値から約300円の下落幅)

先日書いた節目の第一段階の23500円ラインがサポートラインまでの下落となりました。

※下値目安は、23500円(節目).23300円(下値の窓埋め).23170円(75日MA)が下値目途を想定。

 

<日経先物リアルタイムチャート分析>
https://n225chart.com/niy.html

先日、ECB(欧州)ドラギ議長の最後の会見発表があり、

欧州の先行き懸念を残して最善を尽くしたとコメントして任期を終えた事になります。

内容としては、自分なりに頑張ったがインフレ目標2%の達成はできず、

ブレグジット後のドイツ経済不安=EU不安などについて語られていました。

 

市場は、トランプのEU関税不安から、

【円買い>ドル買い>ユーロ売り のリスクオフの構図】

 

加えて、旧正月の中国人が世界中でパンデミック化させる報道で、市場も混乱。

潜伏期間が2週間という事で、今から一気に急増すると予想されます。

 

更に、ブレグジットが月末に迫って来ているタイミングでユーロ安による円高/リスクオフの円高/資金回避売りなど売りの根拠がかなり整っていた環境です。

今回の下落ポジションに乗った方は利益が出た事になります。(先物の場合は既に、夜間に利益確定可能でした。)

ちなみに、先日オススメした下落リスクヘッジ手法の利益を比較すると、一目瞭然な結果が分かると思います。

 

<<日経平均約300円弱の下落的中時の、各推奨ヘッジポジションの利益を比較>>

【下落ポジションに100万円入れていた場合の比較】

●日経Wインバース(1357)買い・・・日経平均約1%下落より、2倍の上昇するも利益は約2%(100万➡102万円)

●日経VI(2035) 2035 株価と銘柄情報 ・・・VIX(恐怖指数)指数次第だが、今の価格だと経験即的には約3~5%上昇(100万➡103万円~105万円となる予想)➡こちらは、日経下落の寄り付きでの利食い推奨!

●日経先物・・・約300円の下落で利益確定できた場合、日経先物mini1枚(約7万円)~ラージ1枚(約70万円)で100万円下落ポジションを持っていたとすると、ラージ1枚(70万円)辺り30万円の利益より(100万円➡約143万円)です➡こちらも、利食い推奨。

●日経オプション(プット買い)・・・オプションはSQまでの期間が短い程、大きく変動する為、一概に言えないが、急落時は先物よりも大きな利益を出す事ができます。(経験則で、SQ直前に300円下落あれば、5倍~10倍以上にはなります。リーマンショックの1000円級下落で1日約180倍になっています。)

これを見ると、株式市場では2~5%の利益が限界に対して、

日経先物/オプション取引を組み入れると1日(1夜)にして利回り40%を超える取引が可能という事が分かると思います。

リスクヘッジ銘柄の利益貢献度で書いていた

【日経平均オプション(プット買い)>日経平均先物売り>>日経平均リスクヘッジ銘柄保有】

この図式の意味が分かる結果となります。

今後もこんな下落では済まない相場、短期リバウンド狙いの買い相場も高確率の時だけ紹介するので、

是非、日経先物・オプション取引も軍資金の2~3割までで開始して見ても良いと思います。

※買った瞬間に、逆指値のロスカットを入れる事は絶対必須です!

【本日の注目株/推奨株(ポートフォリオ大幅入れ替え/コロナ関連出遅れ厳選3銘柄追加★)】

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.1.24本日の相場戦略及び注目株/推奨株】

お疲れ様です。 フィデリア藤崎です。

昨日に予想していた通り、750の壁(日経平均先物23750円)を下抜けて下落相場鮮明となってます。

下値目安は、23500円(節目).23300円(下値の窓埋め).23170円(75日MA)が下値目途を想定。

明日は、トランプからのEU関税を表明後のECB(欧州)ドラギ議長の会見が日本時間の午前相場中にあり、

乱高下も予想されます。

夜間先物は、23605円まで一時下落から回復はしていますが。。

https://n225chart.com/niy.html

市場は、円買い>ドル買い>ユーロ売り のリスクオフの構図より、ブレグジットが迫ったドラギ議長の発言次第で、

大きく動くと予想されます。

本日は、大きく下落した場合は下落ポジションを利食い体制としつつ、ドラギ議長の声明での相場反応を見直したい局面。

株価は下がった方が上がりやすい事から、良い調整となる公算の方が高いと予想します。


本日場中の欧州ECBのドラギ議長の会見に注目です!(日本時間:AM10時前後の予定)

【日経平均予想】

短期的には、日経平均が4度目で超えられなかった24100円が天井と断定して、

短期下落局面を想定するタイミングと判断しています。

日経先物は下落で、日経平均の相場中に何度もサポートされて来た23800円台を割ると一気に下落のバイアスが掛かる事から、日経平均株価には要注意したい局面は続きそうです!

週足の5週MAの23880円を下回っており、下抜けすると節目の23500円、75日MAの23150円を試しに行く可能性も十分あると予想しています。

EU関税問題は、米国の諸事情を考えると苦肉の策とも言えると思うので、

英国EU離脱(ブレグジット)を挟む、数日以内に大きな下落があってもおかしくないと予想しておきたい局面です。

相場は下落でも大きな利益を上げられる投資は数多い(下落の方が上昇より早い為、大きな利益は出やすい)ので、

一部、リスクヘッジ系ポートフォリオを入れる事で、大きな下落でマイナスとなる所をマイナスを少なくできたり、下落のみに掛けてると大きな利益に変える事も可能です。

相場は、上がったものは下がるという基本概念から、売りを犬猿する方もいますが、逆に売りをマスターすれば大きな資金力/経済力を付けられるスキルアップになると弊社では推奨しております。

 

【2020.1.24本日の注目株/推奨株(本日、乱高下の有り、リスクヘッジ銘柄はコピーしておいて下さい!)】

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

2020/1/23本日の相場戦略(注目株/推奨株/リスクヘッジ銘柄一覧)

お疲れ様です。 フィデリア藤崎です。

中国に続き、EUに対して関税を掛けるトランプの意図はどこにあるのか?

みんな何で訳の分からない事ばかりするのか疑問だらけの世界情勢だと思います。

EUは当然反発して報復関税で対応を発表。

【EU、米と同等の報復関税で対応する意向=駐米ドイツ大使】
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-eu-idJPKBN1ZL2SX?feedType=RSS&feedName=worldNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+reuters/JPWorldNews+(News+/+JP+/+World+News)

答えは非常に簡単な事で、去年の利下げ発表から続いている米国内のドル不足が原因です。

米政府は、去年の利下げ発表時に逆イールドの発生から、国内のドルが不足しています。

臨時でドルを毎月供給すると発表して、相場は一時的に安泰したものの、幾度となく数十兆円規模のドルを発行している状況。

2019年末には、史上最大の50兆円規模のドル供給を行っており、投資家はドルの箕臼化によるドル安が危惧されています。

日本の政府発行の国債を、日銀(日本銀行)が買い取った挙句、日本の国債約500兆円買い上げて来た禁じ手(マネタイゼーション)を、米国でも行わざるを得なくなっている為と予想されます。

世界の投資家のドル売りは、米国債の金利上昇にも繋がり、金利が上がると増刷している米ドルの利息(米国債利回り)が高くなる為、

更に、国債を買い入れる必要がある為、ドルを刷って米国債を市場から買う動きとなる構図。

これでは幾らドルを刷ってもドル安が続く為、有事のドル買いで地学リスクを高め(イランに宣戦布告)、

それでも売られるドル安を食い止めるために、中国に加えて、EUへの関税という荒手に出たと予想されます。

一時的には、ドル高/ユーロ安となりますが、ユーロ圏の株安に、間接的な円高進行から日経指数の下落からのリスクオフを招く恐れもあります。

そこまでしないと駄目なのか?と、感覚的には、やはり危険な構図が予想されますが、

トランプ発言のやるやる詐欺はいつもの事なので、辞めたと言えば株価は上昇で反応するしかないので、

今後の動向は注視する必要があります。

短期的には、日経平均が4度目で超えられなかった24100円が天井と断定して、

短期下落局面を想定するタイミングと判断しています。

日経先物は下落で、日経平均の相場中に何度もサポートされて来た23800円台を割ると一気に下落のバイアスが掛かる事から、日経平均株価には要注意したい局面は続きそうです!

週足の5週MAの23880円を下回っており、下抜けすると節目の23500円、75日MAの23150円を試しに行く可能性も十分あると予想しています。

EU関税問題は、米国の諸事情を考えると苦肉の策とも言えると思うので、

英国EU離脱(ブレグジット)を挟む、数日以内に大きな下落があってもおかしくないと予想しておきたい局面です。

その中でも、リスクオフ銘柄、地合いの関係なく材料系銘柄を狙いながら、下落ポジションでの利益を取りに行く戦略となります!

【2020.1.23本日の注目株/推奨株(リスクヘッジ銘柄は必ず読んで下さい!)】

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.1.22引け時点の注目株/推奨株】

【2020.1.22引け時点の注目株/推奨株】
<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.1.22本日の注目株/推奨株(各種指数下落リスクヘッジ/利益に変える銘柄特集)】

【2020.1.22本日の相場戦略注目株/推奨株】

日経平均の昨日の約200円の下落といい、トリプルトップの24100円を4度目で奪回できない点からみて、

予想通り、24100円が日経平均の限界値と見るのが正解と予想します。

日経先物は夜間で週足サポートラインの23850円を割って売りサイン。

日経下落のリスクヘッジ銘柄で利益を取りたい局面です。

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.1.21引け時点の注目株/推奨株】

【2020.1.21引け時点の注目株/推奨株】

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>
 

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

ダボス会議と地学リスク不安から原因不明のフラッシュクラッシュ発生!リスクオフの動きの中から銘柄ピックアップ!!

本日の一瞬にして約200円の下落は、理由を探しても見当たらない下落。

理由のない下落は、一番怖い下落と言われています。

裏で何かが動いたり、決まったりした先取りの動きの可能性も否定できないので。

リーマンショック前日も違和感から買いのポジション解消をして、ヘッジ売りを入れて大きな利益となった事もあり、小さな違和感/異変に機敏になる必要があります。

現在、ダボス会議を行っており、イラン大統領の不参加や、中東の地学リスクも台頭してきており、

地合い悪化のリスクオフ商品のフルコースの動き(商品:金/銀の買い、工業製品の銅売り)となっており、

日経平均は予想通り上値追いは難しい可能性が高くなってきてる状況。

相場は、ボックス圏は4度目のトライで超えられない場合は、超えられない理由があると言われており、

日経平均の24100円ラインは4度目でも超えられない大きな壁となってる現状から、目先は下落目線が正解と予想。

地合いや、関係なく行って来いで上がる銘柄を紹介しておきます!

あと、日経平均の下落を利益に変えるリスクヘッジ系銘柄もピックアップしておきます。

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【推奨銘柄利食い‼】アミファ(7800)二日で50%超の上昇、石川製作所(6208)二日連続ストップ高の短期40%上昇、HPCシステムズ(6597)大底値から約2倍達成(推奨から70%上昇)で終了。新規銘柄も上昇開始より資金移動‼

【推奨銘柄速報】

いきなり初日ストップ高のラッキーパンチ銘柄のアミファ(7800) 7800 株価と銘柄情報 二日で50%上昇。上場来高値接近より利食い。

地学リスク銘柄代表で注目の石川製作所(6208) 6208 株価と銘柄情報 二日連続ストップ高で地学リスク後退で終了。

推奨銘柄HPCシステムズ(6597) 6597 株価と銘柄情報 は、底値から約2倍の3000円~3200円ライン重そうより一旦終了とします。

利食い後は、新規推奨銘柄2銘柄入れ替え、無料キャンペーンの特別銘柄今は決算前チャンスですよ。

【2020.1.9(場中)現在の注目株/推奨株】

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【本日の相場戦略レポート】選挙優先トランプ政策より夜間は日経上昇で目先底打ちか!?

おはようございます!選挙戦にビビったトランプ大統領のイランへの報復発言リスクが後退した事で、

日経平均先物は夜間上昇して終了。

昨日の下値十字線を超えて来てる為、短期リバウンド相場入りを想定する局面となりそうです。

<トランプ氏、イランは「抑制しているようだ」-基地攻撃について声明>
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-08/Q3SRUKT1UM1001?srnd=cojp-v2

※いつもなら、米軍を攻撃するとイランの72カ所を攻撃すると発言してた為、実行し兼ねない状況でしたが、
選挙を睨んで株価を優先にしたと取った方が良いです。

これで、日経平均の目先ボトムは21900円となり、ここを割らない限りはボックス相場で個別株相場が続くと予想されます。

昨日、新規で紹介した新規注目(7800) 7800 株価と銘柄情報 アミファは、後場に日経の底入れ確認後、推奨しようとした瞬間に数分で約30%上昇のストップ高まで上昇。

勿体なかったですが、こんな銘柄はゴロゴロしてますので、朝一乗ってた方は利食い推奨です。

相場は美味しい所だけ取れば良いので、注目1日30%上昇で終了となります。

昨日、面白い銘柄の押し目を推奨してますので、こちら期待下さい♪ 結構、裏取りまでしており、

下値固そうで、浮動株が少ないので上昇値幅は大きい可能性有りです☆彡

先物トレードを入れると、ボラティリティが大きく読みやすかったので、毎日がボーナスのような相場です★

【現在の注目株/推奨株】

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020年1月8日SQ前の魔の水曜日】注目/推奨銘柄更新‼

SQ週の魔の水曜日。

トランプの指示で、イラン包囲網として、「パトリオット」は臨戦態勢に移ったと報道。

地学リスク台頭より警戒継続。
https://jp.sputniknews.com/politics/202001086994251/

更に、先ほどプーチン大統領もシリアのアサド氏と会談して「緊張感は高まる」と発言
https://jp.sputniknews.com/world/202001086994335/

ある意味、予想通りの展開で昨日の戻り一杯から、日経先物は窓を埋める事なく、ノックダウン売り仕掛けに合ってる状況。

再度、地学リスク銘柄、日経主要の売りポジション、日経先物売りなどでヘッジは行っておきたい。

日経平均は23000円ワンタッチ後、更に割ってくるようであれば、売り方優勢が鮮明より、

買いポジのヘッジ売買として以下の銘柄の保有を推奨したい局面です。

【日経先物下値サポートライン】
https://n225chart.com/niy.html

日経先物22900円(ここを割れると売り最加速@下落真空地帯)、22700円、22100円まで急落十分あり得る局面。

売りが鮮明になった場合、買いポジ縮小しても、リスクヘッジ銘柄の保有を推奨したい。

日経先物売り、(2035) 2035 株価と銘柄情報 日経VI買い、(1357) 1357 株価と銘柄情報 買いなどは日経下落時に利益となる商品の代表例です。

【現在の注目株/推奨株】

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

このページの先頭へ