【会報】2014年8月28日引け号

おはようございます。

 

本日は一旦簡易版をお送りします。

昨日は大きな新興の下げもあり、日経平均も弱気。一部分のセクターが強かったが、バイオセクターの悪さ(DWTIが影響)もあり、総じて弱気の展開となりました。

短期的な銘柄としてドーンやBemapなどのG空間関連も弱かったため、あまりいい環境にはなかった。

そのため、昨日後場に利益確定、一旦調整示唆ということでキャッシュ高めという風に申しましたが、押したら買い場だと思います。

ダウも弱く、週末要因で売られやすい環境になりますので、今日、月曜日あたりのどこかで仕込む展開にいけるのかどうか、考えていきたいと思っております。

 

銘柄は昨日の引け前の配信の通りであり、推奨銘柄は継続が基本、ただしマザーズ関連は様子見か押し目狙い、一旦撤退です。

推奨銘柄はそう値崩れもないですし、面白い展開になりそうというのは続いておりますので、継続しておきたいと思います。

業績、材料期待のオンキヨーなど、押し目は面白いでしょう。

 

セクターごとの資金の移り変わりを考えていきますが、新規IPOのための資金を集めている感じがしますので、一旦は調整示唆。

ダウが下げていることもあり調整しそうですので、昨日撤退した分を、どこで入るか考えながら紹介していきたいと思います。

それでは本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ