【会報】2014年9月26日 ダウ反転。日経平均は弱み無し。

 【相場観】

 おはようございます。

ダウが暴落していたのですが、すぐにかなり戻しました。

ダウ  17113ドル、167ドルの上昇。
ナスダック 4512 45の上昇。
と、どちらもおよそ1%の上昇ということで、この上昇幅は8月の18日以来。

利上げ観測、アメリカ指標の数値の悪さで売られたのが25日。
下げても戻すこの相場は相当強い状態で、今後も利上げ観測等で売られる場面もあると思われますが、相場環境は悪くない状態であるというのは間違いないでしょう。

アメリカに対して、日本株についてですが・・・

確かに日本株も上げ続きであり過熱感も見えるのですが、去年の5月や12月のように、怖さのある上げではなく、大きな過熱感は見当たりません。

というのも、各企業上方修正を出しており、日本全体の会社が変わろうとしているこの環境下において、無理な上昇というよりは必然的な業績相場としての上昇に移行しているからとみて取れます。

去年の大幅高を記録した5月、12月のような短期資金の過熱感から来る相場とは見えず、10月特徴的なアノマリーである、下げ相場になりやすいという傾向も、あまり今回に関しては現実味が少ないかもしれません。

だとしても、10月はやはり売られやすい為、調整箇所はあるでしょうから、そういった「数百円程度の押し場面」があれば、そこは積極的に買い進みたい水準であるとみております。

消費税増税の影響で、個人消費、小売統計が悪いことがあり、日本のGDPの上げ幅は想定より以下であります故、景気刺激策として何らかの追加緩和策などが発表される可能性が高いため、たかだか10月アノマリーというだけで売りをする判断にはなりえません。

むしろ、統計が悪いため、12月の消費増税判断のときには増税派(安部総理も増税派)が自信を持って増税判断を下すためには、さらなる景気刺激策が必要なのは明白と言えるでしょう。

上記のような状態を踏まえたうえで、基本的な戦略は株は持越し、押したら積極買いです。個別銘柄も元気ですので、先週はセキュリティを推しましたが、こういったものを狙える展開に持っていけば、中期路線銘柄を仕込み温めつつ、短期銘柄やセクター銘柄の循環で資金を増やしていくイメージでいきたいと思います。

 

今週の重要な材料

日本

9月29日 臨時国会召集 何か政策が出るか?

10月1日 9月日銀短観 何もなければ楽観で押すかもしれないが、12月に向けて何らかのアクションはありそう。



アメリカ
10月1日9月 米ISM製造業景気指数
10月3日 9月米雇用統計

 

◆推奨銘柄

【スイング~中期】

コード   :(1789) 1789 株価と銘柄情報
企業名  :山加電業 
紹介日  :9/26
株価   :408円
買い目標 :370~390円
ロスカット:365円割れ
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/2047/
売り目標 :第一目標10%は利確しながら、持ち越す。
見解    :材料内包。海外拠点への動きがある模様。
明らかに手の入っているような動きであり、早晩9月8日の高値を抜きにいくようなチャート形成
紹介時の株価は380円~390円程度、高値引け、と状況としては申し分無し。
地味な銘柄ですので10%の上昇を目標としますが、状況次第では450円、500円という値段も中期的には見えてくる可能性があります。
 

 コード   :(3682) 3682 株価と銘柄情報
企業名  :エンカレッジ 
紹介日  :9/25
株価   :2960円
買い目標 :2800~2950円
ロスカット:2650円割れ
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/2000/
売り目標 :3200円以上
見解    :セキュリティ関連の出遅れ銘柄として注目。
同系列銘柄のセキュアヴェイル(3042) 3042 株価と銘柄情報 、ラック(3857) 3857 株価と銘柄情報 等が非常に調子が良い。
政府主導のサイバーセキュリティー法案が秋の臨時国会で議論される予定。
これが通れば、将来的に業績面でも注目されそうであり、出遅れのこの銘柄に妙味。

9/26 一度3200円の利確時がありましたが、その後押され、2800円台の押し目買いポイントがありました。
ここから更に注目。
雲が厚いがここの抵抗を食えば相当な勢いが出そうです。移動平均線上で下値不安少な目。
移動平均下で丁寧なロスカットを行うなら、2780円といったところ。

 

【中長期銘柄】

 

コード    :(6888) 6888 株価と銘柄情報
企業名  :アクモス
紹介日  :8/27
株価   :190
買い目標 :時価~押し目 185円あたりまで
ロスカット:178円割れ
売り目標 :第一目標10%利確しながら。 235円当たりは重くなる可能性。
見解    :動きに何らかの思惑がありそう。

      力強い上昇ですが、裏でG空間関連銘柄と言われています。
      G空間関連だから上げているというわけではないと思います。

      チャートからは、下値切り上げ型で、高いところ。
      5日平均線との離れもそれなりなので、無理せず押し目狙い。
      時価で仕入れるならこの銘柄に使う金額の3割程度。
      下がらずにあげてしまうのであれば、スルーでもいいという気持ちでいいと思います。

9/26  少し下げたが粘っている。中期的視野で仕込が入っているように見えるため時間がかかる可能性高。中長期銘柄に移行します。

9/25  状況次第で撤退も考えますが、仕込まれている印象がありますので、変な動きなければ継続します。

 9/24  この長い時間の横展開はいかにも何かありそう。じっくりでよいのであれば継続。

9/22  194円引け。時間かかっていますが、タイミング次第で上昇に移るとみています。

9/17、18、19  いい動きになりそうなところで、冷やしが出ます。もう少し様子を見ます。

 

コード  :(2215) 2215 株価と銘柄情報
企業名  :第一パン
紹介日  :3/11
株価   :138
買い目標 :121~127
ロスカット:114円
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/2045/ 配当の材料後、まき直し記事
売り目標 :10%増から、150円方向期待
見解    :じっくり中期の銘柄、タイミングが合えば大きく動く可能性もある。
筋の介入がささやかれているが、現状動きはない。
今の水準で仕込んでいるようにも見えます。
前の決算が悪かったが、その前から入っているという噂であるため、
もしかすると何らかの材料待ちなのかもしれません。
じっくり、仕込んで中長期。
焦って買う必要まったく無し。
特別銘柄に変更ですが、急がずじっくり拾う。

9/26  一時141円あっての、138円引け。チャートが上昇へ。配当で銘柄性はガラッと変わりましたので、ここからも中長期路線では継続注目です。

9/25   終値 136円となり、三点同時となりました。↑に行くか↓にいくかで今後の展開が決まると言われるチャートです。全体相場としては厳しいですが、銘柄性は良いのでどうなるか。

 9/24  このローソクは首つり線にも見えますが、値幅自体が少なく、継続したいところです。
      この会社も、利益体質、優待体質、株主を大切にする会社体質、という風にどんどん変わっています。
      短期投資ならここで利確でもいいでしょうが、長期ならこのまま持っていてもいいでしょう。経常利益的にも見事であります。

9/22  もっている株数の半分は利確でいきましょう。もう半分は持越し。状況次第で利確を入れます。
     逆指値しておくなら128円で逆指値いれておきましょう。

 9/19  株主優待制度新設の材料。決算の良好さの2発目の材料。どの程度影響があるか。

 

コード  :(6628) 6628 株価と銘柄情報
企業名  :オンキヨー
紹介日  :8/14
株価   :160円
買い目標 :時価
ロスカット:152円
売り目標 :180円再度目標。

9/26  ここの押し目を拾って見たいところ。160円以下拾って継続。ロスカットは152円に再設定します。180円の売り目標を再度立てます。長期的にはさらに上を目標としたい。

9/25  下げ止まらぬうえに全体相場が悪い。状況次第では撤退も考えます。

9/24  昨日はしっかり押し。押し目買いの好機。

9/22  いい流れで反発しています。売り目標は達成しています。ここからは長期的視野で、決算も含めて会社が変わる過程で、売上、利益の数値も踏まえたファンダメンタル性で、将来的に200円へ向けての動きと考えています。

9/19  18日の見解から変化無し

 9/18 非常に判断に迷うところ。ただしどうやっても利益になっているのですから、ここからさらに買うのは利益が出た方のみで考えます。17日はロスカ163円と申していましたが、窓ウメの可能性も否定できないため、また各指標が上昇してきていますので、これが上がっていくのを見ながらの押し目買い。長期的視野で思い切ってロスカット155円に一度します。 

 

 

 コード  :(8699) 8699 株価と銘柄情報
企業名  :澤田HD
紹介日  :9/10
株価   :767
買い目標 :時価
ロスカット:720~30円
売り目標 :第一目標 10%の850円あたり
見解    :証券関連セクターが盛り上がりそうな雰囲気があります。
トレイダーズ等も動いているのも妙味。
割と堅い銘柄ですので、中長期でじっくり型です。

9/26 雲を割らなければ継続します。雲割れは730円あたりになるためそこではロスカットします。

9/25 25日平均線が支え。全体相場で悪くならなければ相当量の期待ができるが、様子を見たい。

9/24 簡単に雲抜けさせてくれませんでしたが、雲中の押し目は押し目狙い。継続しつつ押し目狙い。

9/20 相変わらず地味ですが堅調。このまま継続。

9/19 地味ながら、上昇トレンド継続中。

9/18 上昇トレンド継続か、雲中を動くのか。今日~来週頭が正念場。 

 9/17 地味・・・ですが、包み陽線で791円。800円方向をまずは期待。 

 

【リスク有銘柄】

 

9月に急激上昇 

コンセック(9895) 9895 株価と銘柄情報  278円

燃料電池関連、ロボ、国土強靭化、等多方面からの材料があります。
また、8月~9月の動きにはファンドなどが絡んでいる噂があります。
筋は抜けて、次に行っている可能性もありますが、一度動意した銘柄には再度別の筋が絡むこともありますので、注目。

値動き大きく、リスク有銘柄で紹介です。

9/26  配当落ちは1~2%程度でしたでしょうか。ここから巻き返しへ。

9/25 こちらの銘柄は中長期向けで考えています。急激上昇があったのでリスクありとしていますが、推奨に変更するかもしれません。押し目を狙っていきたいと思います。

9/24 優待取り?かどうかはわかりませんが、298円までの相場がありましたがそのあと利確に押された形。今日優待権利最終日。利益目当てであれば、今日は一旦引け前に売っておき、明日朝でなおす方が良いでしょう。もし今日しっかり動くようであれば利確してしまいましょう。

9/20 たいした金額にはならないと思いますが、優待があります。 優待での利回りは1.8%程度。

    そんなに影響ないと思いますが、権利落ちで下げるのを嫌うならば、今日一旦撤退で、明日の朝イチ仕入れ直ししましょう。

9/19 270円台~290円など仕込。上昇トレンド築くことを期待。

9/18 紹介日。290円以下で仕込みと紹介。押し目も狙っていくといいでしょう。かなり下ですが255円はロスカット。

 

 

【監視銘柄】

<中期型監視銘柄>

ジー・テイスト(2694) 2694 株価と銘柄情報
買い出動の紹介ができなかったため、無料版で追いかけます。
仕手が絡む銘柄、会社も以前とは様相が違うということで、再度動き出せば、
中長期的に見て150円、200円もありえる銘柄ではと考えます。

8/12 本日決算のため注意。ただしいい決算が出ると言われております。
しかし織り込まれている可能性も。
神戸物産という大きな味方がいることから、他の材料も近日出る可能性も。
出ると大きな動きが見込まれるという可能性もあり、中長期的200円の展望が開きます。
(しかし2月に紹介した銘柄であり、そもそも80円→150円という相場を一度見せております故、あまり楽観すぎるのもどうかと思いますが、最近利確をたくさんしているのであれば、決算持ち越しギャンブルをやってもアリなのではないか、とにらんでおります)

9/26 押し目もそろそろ。チャートもいつも提唱している形になりつつある。あとは時間が解決。
ロスカット114円でここから買い下がり体制。

9/25 こちらも押し目狙いたいところですが、今は様子見。チャート悪。120円どころは狙ってみたい。

9/24 押し目狙いとしては、そろそろのところだと思います。

9/19

この辺が我慢のしどころ。押し目は拾ってみたいところです。

9/18

本格化にはもう少しかかるかもしれない。リスクありですが中長期的な考え方です。材料待ちでもあります。

9/17

17日は終始強い状態。強かった割に終値135円は物足りないものの、雲抜けすれば段階が変わりそうな動き。注目継続。

 

 

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ