【会報】2014年10月6日引け号 紹介中のJIA(7172)、FFRI(3692)がSTOP高。IPO強相場。

 【相場観】

 

おはようございます。

昨日はIPOの一角が非常に強い相場となりました。
紹介しているJIA(7172) 7172 株価と銘柄情報 、FFRI(3692) 3692 株価と銘柄情報

これら、JIAは一時、FFRIは比例配分、STOP高となりました。

FFRIは主流、JIAはその流れに乗っての上昇でしたが、しっかりと上げましたのでよかったと思います。
先週の難しい流れがありましたが、買い場であろうというのは申し上げてきましたけれども、その通りになったと思います。

新規で注目したいのは、車関連ということでドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報 、ビーマップ(4316) 4316 株価と銘柄情報 の2銘柄。まだ監視中としておきますが、家電見本市のシーテックが今日開催されることもあり、次世代カー、位置空間情報を把握しての自動操縦は、今後も物色される可能性が高いでしょう。

 

また、山加電業(1789) 1789 株価と銘柄情報 が一気に値をあげてきました。
こちらも注目できそうです。
すでに10%上昇していますが、持っている玉を売るには指値にしておいたほうがいいかもしれないです。
420円あたりから、売る場合は指値を入れておくとよいでしょう。
しかし、この大きな太陽線で10月1日の安値を戻したのですから、いかにも何かありそうに見えます。
今日は相場が弱くなりそうですが、430円を超えてくるか注目。

他の銘柄は、下で紹介していきます。

新規は、とりあえずのドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報 とビーマップ(4316) 4316 株価と銘柄情報 を監視のみ。新しい銘柄は出せれば出したいと思います。

 

相場環境としては、昨日の上げから一服、先物も夜間時点で15800円と、前日比で言えばマイナス140円。
ドル円としても、再度108円台になっており、110円を一瞬つけた後は、ゆるい。

日本としても、賃金上昇と物価上昇をイーブンにしていくというのが、政府の大義名分ですが、円安が早いスピードで進むと、物価は上がりますが賃金は上がらない(賃金上昇は4月が基本、ボーナスもありますが)ため、後からついてくるであろう賃金上昇に国民が耐えられない=不満となる可能性があるため、操作するわけではないでしょうが、ここで緩和などを出すのは難しいかもしれないです。
アメリカでは利上げを・・・といわれている環境で日本が緩和追加・・となると円安化するのは明白ですので。

しかしながら、相場が悪くなれば日本版の緩和追加、あるいはGPIF拡充するなどは必要なのは明らかですので、そのあたりのバランスをどうとってくるか、政府、日銀の手腕に期待されます。

 

それでは、本日もよろしくお願いいたします。

 

 

◆推奨銘柄

【スイング~中期】

コード   :(1789) 1789 株価と銘柄情報
企業名  :山加電業 
紹介日  :9/26
株価   :420円
買い目標 :370~390円
ロスカット:365円割れ
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/2047/
売り目標 :第一目標10%は利確しながら、持ち越す。
見解    :材料内包。海外拠点への動きがある模様。
明らかに手の入っているような動きであり、早晩9月8日の高値を抜きにいくようなチャート形成
紹介時の株価は380円~390円程度、高値引け、と状況としては申し分無し。
地味な銘柄ですので10%の上昇を目標としますが、状況次第では450円、500円という値段も中期的には見えてくる可能性があります。

10/6 やはり、戻してきました。10月1日の売りは個人だったかもしれません(枚数が少なかった)継続。

10/3  微妙な動き、上髭。しかし上も試す。少ない板で上にも下にもいくため、このまま継続。365円割れLC。

10/2  昨日の下げにさほど動じず。継続して仕込んでいきたいところです。

10/1  別段悪い材料等はなく、急落。この銘柄の場合上昇にしても下落にしても出来高が少な目であるため、誰かが少し売ろうと思えばこういった動きになるのはやむを得ないところでもあるのですが、上昇途中であったため残念なところ。ロスカット値でロスカットしますが、継続。

9/30  尋常でない強さともいえる。300円台で購入できているならはっきりとおすすめ銘柄と言えます。

9/29  425円あっての418円引け。出来高増。海外の材料内包。まずは8%程度上昇しています。430円更新に期待。

 

 コード   :(7172) 7172 株価と銘柄情報
企業名  :JIA
紹介日  :10/3
株価   :5390円
買い目標 :時価~4300円
ロスカット:4100円
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/2047/
売り目標 :第一目標10%は利確しながら、持ち越す。
見解    :前回、予想通りに上昇しているのですが、4650円をロスカットに設定していたため、ロスカットとなりその後4350円をつけ、大反発した銘柄。
こういったところは、株式投資の難しいところです。
再度甘いところを狙って、スイングトレードで狙っていきたい銘柄として紹介します。
狙いは時価~押し目。4300円あたりまで狙えるようにしておきたい。

10/6  いつ利確してもOK。半分売っておきましょう。一時STOP高となりました。おめでとうございます。

10/3   時価~押し目と紹介の銘柄ですが高値引け。10%狙いですが、銘柄性は確かですので、5800円を狙いたい。

 

【中長期銘柄】

 コード    :(6888) 6888 株価と銘柄情報

企業名  :アクモス
紹介日  :8/27
株価   :194
買い目標 :時価~押し目 185円あたりまで
ロスカット:178円割れ
売り目標 :第一目標10%利確しながら。 235円当たりは重くなる可能性。
見解    :動きに何らかの思惑がありそう。

      力強い上昇ですが、裏でG空間関連銘柄と言われています。
      G空間関連だから上げているというわけではないと思います。

      チャートからは、下値切り上げ型で、高いところ。
      5日平均線との離れもそれなりなので、無理せず押し目狙い。
      時価で仕入れるならこの銘柄に使う金額の3割程度。
      下がらずにあげてしまうのであれば、スルーでもいいという気持ちでいいと思います。

10/6  いい流れではないでしょうか。

10/3  下げた影響で下値をついたが、192円まで戻し。再度の上昇を試す状態になると期待。

10/2  この動きではあえて仕込んでいるところがいても、値を持たせることはしなかったか。仕込み銘柄のためこのまま継続していきます。

10/1  仕込系。この暴落がどこまで影響するか。29日の動きなどもあったため、時間をかけて、タイミング一発で上昇するとみています。

9/30  動きが出た後一服。まだ仕込みたりないならもむでしょうし、徐々に動く可能性も。動かなくなると1か月2か月動かないこともあります。数か月前のチャートなどでよくわかると思います。

9/29  動きが出ました。205円まで一時あがりました。こういう動きになってくると、面白い。これが仕込なのか、上昇への弾みになるのか。継続でよいでしょう。

9/26  少し下げたが粘っている。中期的視野で仕込が入っているように見えるため時間がかかる可能性高。中長期銘柄に移行します。

9/25  状況次第で撤退も考えますが、仕込まれている印象がありますので、変な動きなければ継続します。

 9/24  この長い時間の横展開はいかにも何かありそう。じっくりでよいのであれば継続。

9/22  194円引け。時間かかっていますが、タイミング次第で上昇に移るとみています。

9/17、18、19  いい動きになりそうなところで、冷やしが出ます。もう少し様子を見ます。

 

コード  :(2215) 2215 株価と銘柄情報
企業名  :第一パン
紹介日  :3/11
株価   :135
買い目標 :131~135
ロスカット:128円
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/2045/ 配当の材料後、まき直し記事
売り目標 :10%増から、150円方向期待
見解    :じっくり中期の銘柄、タイミングが合えば大きく動く可能性もある。
筋の介入がささやかれているが、現状動きはない。
今の水準で仕込んでいるようにも見えます。
前の決算が悪かったが、その前から入っているという噂であるため、
もしかすると何らかの材料待ちなのかもしれません。
じっくり、仕込んで中長期。
焦って買う必要まったく無し。
特別銘柄に変更ですが、急がずじっくり拾う。

10/6  いい流れだと思います。5日平均線キープに期待。

10/3  変わらず。下値は固めてくると見ています。25日平均線があがってきていることもあり、131円ロスカットはいったんはずし、128円にします。

10/2  133円。この辺割って131円割るなら、利益確定、新規はロスカット。

9/30  変わらず。仕込み中。

9/29  131円ロスカットで、135円にかけて仕込むイメージ。

9/26  一時141円あっての、138円引け。チャートが上昇へ。配当で銘柄性はガラッと変わりましたので、ここからも中長期路線では継続注目です。

9/25   終値 136円となり、三点同時となりました。↑に行くか↓にいくかで今後の展開が決まると言われるチャートです。全体相場としては厳しいですが、銘柄性は良いのでどうなるか。

 9/24  このローソクは首つり線にも見えますが、値幅自体が少なく、継続したいところです。
      この会社も、利益体質、優待体質、株主を大切にする会社体質、という風にどんどん変わっています。
      短期投資ならここで利確でもいいでしょうが、長期ならこのまま持っていてもいいでしょう。経常利益的にも見事であります。

9/22  もっている株数の半分は利確でいきましょう。もう半分は持越し。状況次第で利確を入れます。
     逆指値しておくなら128円で逆指値いれておきましょう。

 9/19  株主優待制度新設の材料。決算の良好さの2発目の材料。どの程度影響があるか。

 

 

【リスク有銘柄】

 

10/2紹介

FFRI(3692) 3692 株価と銘柄情報  7410円

注目銘柄。リスクあり銘柄として紹介。

直近IPOであり超ハイリスクといえるが、もしかすると今回のIPOの中で、ほぼ唯一といっていいほど強い、化ける可能性の高い銘柄と見ています。

10/6  もっているならある程度利確時。リスク高が続きます。1万ももしかしたらあって、分割という可能性もなくはありませんが、ここまでくるとどこまでいくのかは、誰にもわかりません(大口であれば、目標金額はあるかもしれませんが、それも達成できるかは不明です)

10/3  すさまじい動き。大化けありえる。半分売って半分持越し。

10/2  4000円台を拾えているなら持ち越しで、化け期待。イメージ的にはサイバーダインのような展開が最高。

 

 

 

【監視銘柄】

<中期型監視銘柄>

ジー・テイスト(2694) 2694 株価と銘柄情報  127円
買い出動の紹介ができなかったため、無料版で追いかけます。
仕手が絡む銘柄、会社も以前とは様相が違うということで、再度動き出せば、
中長期的に見て150円、200円もありえる銘柄ではと考えます。

8/12 本日決算のため注意。ただしいい決算が出ると言われております。
しかし織り込まれている可能性も。
神戸物産という大きな味方がいることから、他の材料も近日出る可能性も。
出ると大きな動きが見込まれるという可能性もあり、中長期的200円の展望が開きます。
(しかし2月に紹介した銘柄であり、そもそも80円→150円という相場を一度見せております故、あまり楽観すぎるのもどうかと思いますが、最近利確をたくさんしているのであれば、決算持ち越しギャンブルをやってもアリなのではないか、とにらんでおります)

10/6  継続でよいでしょう。

10/3  いい動きになりつつあります。継続。

10/2  底入れの動き、この弱さでも上昇。そろそろ動きがでるかもしれない。

10/1  動きは良くなってきました。底入れ期待ですが、相場環境が悪い。どこまで値を持たせられるか。戦略変わらず。

9/30 見解変わらず。長期で114円ロスカット、買い下がり

9/26 押し目もそろそろ。チャートもいつも提唱している形になりつつある。あとは時間が解決。
ロスカット114円でここから買い下がり体制。

9/25 こちらも押し目狙いたいところですが、今は様子見。チャート悪。120円どころは狙ってみたい。

9/24 押し目狙いとしては、そろそろのところだと思います。

9/19

この辺が我慢のしどころ。押し目は拾ってみたいところです。

9/18

本格化にはもう少しかかるかもしれない。リスクありですが中長期的な考え方です。材料待ちでもあります。

9/17

17日は終始強い状態。強かった割に終値135円は物足りないものの、雲抜けすれば段階が変わりそうな動き。注目継続。

 

 

【監視銘柄】

<スイング~中期型監視銘柄>

ドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報

ビーマップ(4316) 4316 株価と銘柄情報

ビーマップ(4316) 4316 株価と銘柄情報 がいい動きです。追従してドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報 も動いてくるかどうかに注目。

チャートはよく似ています。会社も似た体質の会社です。

次世代カーに必要な位置情報空間関連銘柄。長い目で見れる材料銘柄セクターです。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ