【会報】2014年8月4日引け号

 【相場観】

おはようございます。

昨日の状況から申し上げます。
昨日の状況としては、
・2桁銘柄の活況
・相場環境は外部環境から、けして良いわけではない。
・機関や日銀ETF等底固い動きではある

という状況です。

2桁銘柄の台頭が顕著になると、全体相場が一旦、短期的には終焉を迎えることが結構あります。
その理由は、資金が回っていき、最後に残ったのが2桁銘柄になることが多いからです。
また、相場が終わらずとも、やきもきさせる展開、上に上げないような展開になることが多い。

だからといって今回も同じようになるとは限りませんが、
相場が一旦膠着状態であると言えますし、
本日朝は強かったといえど、外部環境はダウが弱い等状況は良くありません。
こうした状態の時に2桁株価銘柄が良く動くのです。

さて、その2桁銘柄が動く指標となっているのが・・・

レッド・プラネット・ジャパン(3350) 3350 株価と銘柄情報

それを横で見ながら監視銘柄
ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報 を58円で紹介していますが、
50円台でしっかり買えていると思いますし、持っているなら61円から本日も継続でいいのでは・・・と思います。

資金の流れを読むことを当サイトでは最重要項目の一つとしてあげていますが、
要は上のようなことを常に考えながら投資をし、次にどこのセクターに資金が向くのかということを意識することです。

資金の先が去年でしたらLINE関連が凄かったですし、東京オリンピックもそうです。
今年はロボ関連、セルロースナノファイバー関連などもありました。
東京オリンピックは何度も蒸し返し、ちょっと前に品川関連でも関連銘柄がピンポイントに上げましたね。
こうした資金の流れを掴む、これは株の世界に長くいることで、だんだんと培われてくるものです。

まずは、予想する。
予想は外れるものです。外れたら反省する。次に生かす。
当たっても外れても後分析をきちんとしましょう。
特に、資金の流れだけでなく、個別でも株はやれますから、その個別株についても、むやみやたらにやるのではなく、
最低でも銘柄性を確認し、チャート(日足、週足、一目均衡)あたりはチェックして、
現状のチャートがどういう状態で、上昇可能性が高いのか、下降可能性が高いのかなどもチェックし、
いいタイミングではいれるように勉強、予想を続けていきましょう。

さて、本日はダウが強かったこともあり堅調な展開か。
2桁株価銘柄も、まだ資金が入ってきそうですが、レッド・プラネット・ジャパン(3350) 3350 株価と銘柄情報 の動きには注意しておきましょう。
ここが崩れると他の2桁も崩れる可能性は高くなります。
上髭陰線等になればほぼ確実に調整だと思います。

第一パンを長く紹介していますが、8月4日に決算予想を上方修正。
ようやく材料出てきました。
まだまだ、何かある可能性を見ています。
130円固める展開に期待。

今回は、各企業の決算も投資家のメンタルがよいので悪いものが出てもさほど影響がなさそう。
特に大企業はそうですね。
スカイマークなどそもそも問題なのは別にしますが、基本的には堅調傾向が続くと予想です。

 

それでは、本日も宜しくお願い致します。

◆新規銘柄

本日は見送ります。

 ◆既存銘柄

【スイング~中期】

コード  :6628
企業名  :オンキヨー
紹介日  :7/11
株価   :169
買い目標 :時価~153円
ロスカット:148円
売り目標 :175円~
見解    :材料が出て何度もとってきた銘柄です。
      いい押し目どころではということでこのあたりから仕込んでみたい。
      25日平均線での反発に期待。
      弱い展開になるようであればあっさり切るつもりでいきます。

7/14    いい流れではないでしょうか。
      今のところは押し目の一番下が仕込めたような感じです。
      ここから期待。

7/15    今日の動きが重要。
      横展開以上になれば継続。158円割れになるような展開は利益確定を一度いれておきます。

7/16    押し目の一番下がつかめました。
      継続で良いでしょう。

7/18    この銘柄はスイング~中期で継続します。
      
7/25    このまま継続でよいでしょう。7月11日付近に紹介、スイングで底値を拾えています。

8/1    決算が8日。状況次第で、利確を考えます。

8/4    半分利確。残す半分を決算持越しをどうするかというところ。
     少しギャンブル風味ですが、材料期待もありますし、持越しもありでしょう。

コード  :4022
企業名  :ラサ工
紹介日  :7/22
株価   :151
買い目標 :時価~140円
ロスカット:135円
売り目標 :165円
見解    :仕手銘柄の、二段階目で来る可能性を考えています。
全体相場の上値が重く、決算が近く、そういったところに関係ない銘柄としては、
仕手・ファンド系であり、決算も8月14日予定と遠い銘柄。
そういった仕手関連銘柄となります。
資金が向かなければロスカット値まで下げずとも撤退という可能性もありますので、
しっかりと資金の流れを見ていきます

7/25   流れは悪くないと思います。
     仕込みは140円後半でしょうか。
     このまま継続で良いでしょう。

7/28   押し目あるかもしれませんが、あれば仕込み時と思います。

7/29   押し目到来。仕込みどきですが、140円でも拾えるようなイメージの攻め方を。
     少なくとも、一気買いは良くないです。

7/30   さっそく、動いてきました。
     上値重ければ難しいですが、継続していきます。

8/1    強い。決算前期待。

コード  :3679
企業名  :じげん
紹介日  :7/28
株価   :1110
買い目標 :時価
ロスカット:1080→一旦ロスカット値変更 1050円
売り目標 :中期目標は1500円。短期的には10%~15%
見解    :基本は決算前期待。
・銘柄性が良い
・決算が良い(事前予想がよいので結果はサプライズがないと厳しいかもしれない)
・ベンチャー企業 業態の連動性もありそう
といった、銘柄性の良好さの中での、テクニカル的押し目狙い。

6月の1413円、7月の1343円からの押し目、1117円を付けた後の反発に期待。
下抜けリスクを一切取らない投資方法でロスカットは1080円で設定。
27日、ザラ場に紹介し1140円で紹介。1200円あたりまで上昇中。

8/1    ロスカット厳守で対応します。本日新興が弱ければロスカットとなる可能性が高い。

8/4    底堅い。
     ロスカットを一旦1060に変更します。単純な見切り売りで、1080円に抵触、ロスカットというのを防ぐためです。

 

【中長期銘柄】

コード  :2215
企業名  :第一パン
紹介日  :3/11
株価   :124
買い目標 :121~127
ロスカット:114円
売り目標 :10%増から、150円方向期待
見解    :じっくり中期の銘柄、タイミングが合えば大きく動く可能性もある。
筋の介入がささやかれているが、現状動きはない。
今の水準で仕込んでいるようにも見えます。
前の決算が悪かったが、その前から入っているという噂であるため、
もしかすると何らかの材料待ちなのかもしれません。
じっくり、仕込んで中長期。
焦って買う必要まったく無し。
特別銘柄に変更ですが、急がずじっくり拾う。

6/30
特に問題なく継続です。

7/4
いい流れで戻してきています。
要注目。

7/7
時間がかかっていますが、ここからです。

7/16
動きが出そうです。要注目。

7/25
長期で考えていますので、このまま継続。
下値不安はそれほどないと思います。

7/28
特別銘柄としては長くなるので一般の中期銘柄として継続します。

7/30
かなりいい動きになってきたのではないでしょうか。
まず130円を固めたい。

8/1
決算持ち越しの予定で考えています。

8/4
上方修正。まずは130円固めてほしい。
企業努力による改善と、キャラクターものが売れたとのこと。

 

【監視銘柄】

今後、こちらに監視銘柄として紹介しているものを、簡潔に見解を述べていきます。

また、銘柄を一旦わかりやすい形で整理します。

 

【短期・リスク型】

ドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報

いい動きだと思います。

800円以下指値、というやり方、覚えておきましょう。たかが指値なのですが、非常に有力な武器になります。

予想し、その値段でさしておく。

成り行きに比べてメンタルに左右されにくい、戦略の一つです。

成行きも戦略の一つですが、より重要なのは、分析をして、予想をして、指値をして、反省をする。このスパイラルです。

 

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

こちらも要注目です。61円引け。

62円を超えると、65円が視野に。

期待値としては、70円。

 

【中期型】

ジー・テイスト(2694) 2694 株価と銘柄情報 様子見

東競馬(9672) 9672 株価と銘柄情報  様子見 決算完了。動き次第で推奨に上げるかもしれない。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ