【会報】2015年9月18日引け号 会報

 【相場観】

 

難度の高い相場が続いております。

特に、材料から来ているマイナスと、以前からかねてより続行している懸念が合わさる形で、新たな形で懸念となっている。

昨日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車排ガスの悪材料による欧州大幅株安。

こういったものは基本的に一過性で1日~2日程度の懸念となるのですが、ただでさえ中国懸念などがひしめいている中に欧州のこういった懸念が入ってくると、さらに厳しさを増してきます。

 

金融に関する会社ではないため、会社規模は大きいとはいえ、リーマンブラザーズのような問題に発生することはないでしょうが、それでもそれなりのインパクトはあります。注視は必要でしょうが、本日戻りを試していますし、一過性程度にはなると思います。

 

相場は難しさを呈してはいます。

相場が難しくなれば、今注目しているIPOも厳しいでしょうが、10月~11月には注目IPO、そして日本政府としては失敗することのできないIPOである郵政のIPOが待っています。

何故郵政のIPOが失敗できないかというと、これも1つの財源として考えているからにほかなりません。

失敗することができない消費税増税、その前の前哨戦ともいえるかもしれませが、この郵政IPOのタイミングに合わせて、もしかすると日本版追加緩和があるかもしれません。

そして、それを期待に株価を下支えもするでしょうから、下抜けしそうな雰囲気のあるしんどいところは逆に買い場だと見ております。

 

基本路線はIPO、下抜けしそうなところは先物、長期系の買い、などで対処していく感じで考えております。

難しい相場ですが、9月~10月はしばらくIPOがありませんし、ベステラ等人気は出る可能性は高いですが、下抜けしかけているIPOにも資金が戻りかけているところですし、こういった資金の向かう先を考えて行動してまいります。

 

久々の会報となるため、量が多いため、今までの銘柄に関しては一旦外しているものもあります。

もし気になるものがあればメールでお問い合わせくださいませ。

 

それでは、今週は2日しかありませんが、がんばってまいりましょう。

 

【紹介銘柄】

【新規銘柄】

 

 

銘柄   :クルーズ(2138) 2138 株価と銘柄情報
紹介日  :9/17
株価   :3950円
紹介時株価:3800円
買い目標 :時価
ロスカット:状況次第
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/8267/
売り目標 :4000円以上
見解    :2800円付近で紹介、一度利確したのですが、再度INしています。ゲーム関連の中でも資金が入りやすい、大きめの銘柄です。mixiに資金が入りやすいゲームセクターながら独自の動きをすることも多いので期待。

 

銘柄   :レントラックス(6045) 6045 株価と銘柄情報
紹介日  :9/17
株価   :2790円台
紹介時株価:2660円
買い目標 :時価
ロスカット:買い値から10%マイナス
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/8734/
売り目標 :3000円以上
見解    :IPOとして紹介。9月~10月はしばらくIPOがないことから、既存IPOに資金が向きやすくなるため期待。

 

銘柄   :DIT(3916) 3916 株価と銘柄情報
紹介日  :9/17
株価   :3340円
紹介時株価:3025円
買い目標 :時価
ロスカット:2600円割れ
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/8734/
売り目標 :3000円以上
見解    :IPOとして紹介。9月~10月はしばらくIPOがないことから、既存IPOに資金が向きやすくなるため期待。

 

銘柄   :アイリッジ(3917) 3917 株価と銘柄情報
紹介日  :9/17
株価   :3310円
紹介時株価:3280円
買い目標 :時価
ロスカット:3000円割れ
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/8746/
売り目標 :4000円以上
見解    :IPOとして紹介。9月~10月はしばらくIPOがないことから、既存IPOに資金が向きやすくなるため期待。

 

 

銘柄   :STUDIOUS(3415) 3415 株価と銘柄情報
紹介日  :9/17
株価   :3110円
紹介時株価:3130円
買い目標 :時価
ロスカット:状況次第
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/8746/
売り目標 :3500円以上
見解    :IPOとして紹介。9月~10月はしばらくIPOがないことから、既存IPOに資金が向きやすくなるため期待。

 

スイングトレード

数日~1ヶ月 程度で取引する銘柄です。 状況次第で中長期に移行する場合もあります。

 

銘柄   :ラクトジャパン(3139) 3139 株価と銘柄情報
紹介日  :8/28
株価   :1465円
紹介時株価:1400円、1311円
買い目標 :時価
ロスカット:状況次第
売り目標 :1700円以上
見解    :いい動きとなっております。一時1600円以上がありました。
しかしながら下落。10%以上の上昇もありましたが、二番底ということも考え継続としたい。
低PER、好業績、TPP関連。IPOとしては地味だが中長期路線で面白いでしょう。

 

銘柄   :テクマト(3762) 3762 株価と銘柄情報
紹介日  :9/9
株価   :918円
紹介時株価:827円
買い目標 :時価
ロスカット:770円
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/8565/
売り目標 :900円以上
見解    :いい動きとなっています。10%程度はしっかりとれる動きになりました。利確もいいと思いますが雲を抜けていますし継続します。

 

 

【リスク有銘柄】

 

 

 

【中長期銘柄】

数か月程度は見ていくつもりで持ち越す銘柄です。 

基本的に、ファンダメンタル、材料性、等から総合的に判断している銘柄です(決算等、が良い銘柄が多めです)

 

【中期路線】

中期路線(数か月程度)で期待の銘柄です。

 

・PMO(3251) 3251 株価と銘柄情報

駐車場関連、不動産関連会社。この銘柄はヨコ展開になることが多いですが、時折、材料を伴うことも多いといえますが、何らかの形で急上昇することがあります。そういったところを注目し、川本産業と同じようなイメージですがどこかで吹くことを期待。

 

・シライ電子工業(6658) 6658 株価と銘柄情報

中長期路線。夏~秋に株価が動くことが多い銘柄。

少し売られているが下値は限られている印象があり、トレンドライン上では買い場。うまく仕込んで中期で待ちたいと思います。

 

・川本産業(3604) 3604 株価と銘柄情報

6月11日から継続注目。

夏~秋にどこかで一発期待。決算を機に板の雰囲気は変わっており、注目されます。

 

・さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報

8月7日紹介。何度も紹介している銘柄。会社が変わろうとしている銘柄の1つ。決算などは非常に良好。それにより大きく上昇するところもあった。

押し目はねらい目。

 

・ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

8月7日紹介。こちらも何度も紹介している銘柄。こちらは決算は非常によく、8月6日に出した決算では、経常利益が1Qで60%越えと素晴らしい。

しかしそれでもトップを付けた後にそのまま下落、イッテコイ。このイッテコイは買い場ではということで84円から仕込み。押し目はねらい目。

 

 

【長期路線】

長期(数か月~数年)で期待の銘柄です。

・トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報

長期路線。下げてもナンピンして、長期で継続したい。7月31日に出した決算で、営業外収益が出ているが、こうしたものを中心に業態が変化、株価も動いていくのではないかと考えています。

材料性もあるため材料の発表にも期待。

 

・エイシアンスター(8946) 8946 株価と銘柄情報

長期路線。東急不動産上海との提携という大材料が出ての、イッテコイ。上値が重たいということ。そして、7月31日に上で取り残された個人の売りがある状態。逆に安値はどこまでも買いにいきたい銘柄です。中国関連が厳しいが、中国に戻りがあれば、この大会社との連携で動きが出るように思います。

 

 

【日経平均先物】

http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/8388/

http://fidelia.unifas.co.jp/market-view/8392/

買いで介入中。こちらで掲載。

 

【本日の総括、来週の戦略】

 

二番底からの下押し懸念がありますが、日本版追加緩和がある可能性を考えると大きく下押ししたところは買われる可能性が高いと見ております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ