投資リスクについて

投資リスクについて

■有価証券等に係るリスクについて
投資顧問契約により助言する有価証券等についてのリスクは、次の通りです。

【株価変動リスク】
株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込む(損失の発生)、またその全額を失うことがあります。

【株式発行者の信用リスク】
市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスクの発生。例として取引会社の倒産による換金不能状態に陥る等)。
この結果、投資元本を割り込むことがあります。

【信用取引等のリスク】
信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがあります。
上記の要因により生じた損失は、証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。

信用取引の対象となっている株式等の発行者又は保証会社等の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、信用取引の対象となっている株式等の価格が変動し、委託証拠金を割り込むことや、損失の額が委託証拠金の額を上回ることがあります。

【流動性のリスク】
出来高の少ない銘柄(流動性が少ない)は、必要な時に売れない場合があり、どうしても売りたい場合は時価よりも安価で売らなければならない場合があります。この結果、投資元本を割り込むことがあります。

【投資に係るリスク】
当社の投資助言内容はお客様の利益を保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴います。場合により損失を被る可能性があります。

【手数料について】
株取引には取引業者に対する売買手数料がかかります。

【投資判断について】
投資にあたり、最終的な判断はお客様ご自身の判断でお願いいたします。

 

このページの先頭へ