【特集記事】勉強記事 トレンドについて

 

相場としては動き無し。

銘柄も動きがないので、さほど何か紹介しなければならない、という内容は特にありません。

 

が、不動産は強いですね。

 

一般的には、不動産のようにここまでしっかりと上げてしまい、高値圏を演出しているセクターや銘柄は買いづらいと思います。が、基本的にそういったものを買いにいくのはありです。

 

上昇トレンド相場というのは、上値があっても、更に上げます。

調整することもありますが、気合の入った買い、また国策等の場合は調整してもさほど下げず、再度上値を試す展開になることが多い。

マイナス金利からの不動産、上昇し続けていますが、何度もしつこく紹介しているのはそういう理由があります。

どこまでいくかわからない、常識はずれの動きをすることがあります。

 

逆に、下値更新していく銘柄を見ても、どこまで下げていくのかわからない・・・といったことになりがちです。

 

というわけで、銘柄の良い背景が見えるならば、上値追いを買っていくことも重要です。(売ってしまいましたがフリークアウト等もそうですね。上値追いとなっています。が、上場からはずっと下げ続けてきた銘柄です)

なかなか、高値圏と見えるチャートを見てしまうと買えない投資家が多いのですが、トレンドが続くと予想するならば、高値圏でも思い切って買うと、いい流れに繋がることが結構ありますので、オススメです。

 

ただし、きちんとした背景のある銘柄を選ぶようにしましょう。

そのための助言に、当サイトが助けになれば幸いです。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ