【特集記事】<本日火曜日は株主優待+配当の権利確定日♪3月オススメ株主優待ピックアップ★>

本日は配当権利確定日です。

優待について、少し(かなり?)お得な情報をご紹介致します。

「現物買い+信用売り」で、逆日歩を受けなければ、

【売買手数料500円くらいで「優待のみ」が手に入る】

という最近流行ってる裏ワザ知っていますか?

 

通常は、前場・後場に入る前に注文出しておいて同値で買いと売り入れますが、相場中に気づいてのイレギュラーの場合、現物買いを入れた後、同じ枚数の信用売りを入れます。

 

1円くらいの誤差は出ますが、100円くらいのロスなんで、証券手数料込みで500円くらいで、欲しい株主優待をショッピングする感覚でトライしてみて下さい。

 

要らないものは、最近は知り合いの金券ショップに売ってますが、7550ゼンショーとかは、逆日歩なく確実に取れるので1000株分の優待12000円を金券ショップで売れば10000円くらいになります。

 

手数料引いても確実にプラスになる固い投資とも言えますね!

─────────────────
【無料株主優待GET手法】
─────────────────

たとえば、「7630ココ壱の壱番屋」が好きな人で優待券(無料飲食券)が欲しいは、

①信用取引を申し込んで信用売りが可能にする
②現物株と信用売りを同時に行います。

これにて、ノーリスクで優待券をGETできるという手法があります。

株価が4100円であれば、前場・後場始まるまでに、現物株を指値で4200円(必ず買える高めの指値)と、信用売りを成り行きで入れます。

相場が始まり、4130円で売買成立したとすると、現物買い+信用売りどちらも4130円となるので、上がっても下がってもリスクは0ですよね。

そして、今日のような権利確定日に現物を持ってる人は、優待+配当が貰えます。

信用売りを持ってる人は、配当がマイナスされます。

よって、優待が無料で取得できるという訳です。

必要経費は売買手数料のみ。

今の時代手数料最安値のライブスター証券なら80円+100円くらいです。

300万以上なら手数料無料なんで、実質無料でカレー1万円分くらい食べ放題となる訳です^^

必要のない優待などは、オークションで売れば7掛けくらいで売れるので、99%必勝法となるのです^^

 

ちなみに、好きな企業の優待を幾つでも毎月GETできるという初心者にも上級者にもオススメの取引です。

最終権利は、最終取引営業日の4日前なんで覚えておきましょう^^¥

 

★注意点として人気の優待は逆日歩というリスクがあります。最近は逆日歩がつく銘柄が多いので無料GET銘柄は人気の薄い銘柄しか難しいです。

逆日歩がついているとお金がかかります。場合によってはすごい金額になる銘柄もありますので、必ず調べましょう。

 

 

 

~火曜日相場終了時(15時)に保有してる3月優待+配当貰えます☆彡~

【3月のオススメ株主優待一覧】

(7458) 7458 株価と銘柄情報 @第一興商45万~

(7615) 7615 株価と銘柄情報 @京都きもの友禅10万~

(7860) 7860 株価と銘柄情報 @エイベックス・グループ・ホールディングス16万~

(2681) 2681 株価と銘柄情報 @ゲオホールディングス13万~

(4681) 4681 株価と銘柄情報 @リゾートトラスト20万~

(3313) 3313 株価と銘柄情報 @ブックオフコーポレーション8万~

(7416) 7416 株価と銘柄情報 @はるやまホールディングス 10万~

(4837) 4837 株価と銘柄情報 @シダックス5万~

(3068) 3068 株価と銘柄情報 @WDI14万~

※これらの銘柄は人気が高い銘柄なので、無料株主優待GETをやると信用売りに逆日歩がついて高い買い物になる可能性が高いです。

よって、優待と配当を貰う代わりに次の日は同じ金額くらい下落しますので、

通常買えない株主優待を買い物するような感覚で株主優待を楽しむ為の銘柄です。

例.10万円で約3000円の株主優待(商品券・美味しいお米・企業のサービス無料招待券/割引券・プレミアグッズ)をゲット。
→次の日は約3000円くらい下落するのでマイナス3000円だけど、通常手に入らない株主優待をGET。という流れ。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ