【覚えておきたいチャート】2つの銘柄で覚えておきたいチャート示唆

一つの参考例ですが。

この2例は覚えておきたいチャートです。

包み線などではありませんので、多分どちらも本などには乗っていないと思いますが、乗っていたら申し訳ありません。

 

8-20-2

 

前日、大陰線です。

しかし、本日第陰線のローソク足から始まって、上抜けはできなかったものの、強い推移。

このチャートパターンであれば、相場の戻りに期待ができます。

 

ただし、短期的には前日の下値を割ったところはチャート的に悪くなるので、短期でいくならそこはロスカットです。

 

8-20-1

こちらのほうが、当サイトでいう反転チャートになるかもしれません。

今は上髭が立ってしまっていますが、3470円以上(できれば3500円以上がわかりやすい)で引けた場合、

前日のローソク足の中から始まって、上抜けして引ける形になります。

こちらのほうが、比較的反転チャートとして、当たりやすいパターンになります。

こちらも前日安値割れはロスカット。

 

どちらも上げてからだと仕込みにくいものですが、当日引けで仕込むのもありですし、

今日のチャートは引けにはこうなる!と予想して、ザラ場に買うのもありでしょう。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ