【勉強記事】えてして、どこまでもいってしまうことがあるというのが株式市場。

なかなか押し目を狙っても押し目がなく、行ってしまうのも株式市場。

インベスターズなど、テーマに乗った場合はそういう動きになってしまうことが多いです。

次のテーマは何なのか。

フィンテックもそろそろ厳しいようにみえ(しかし、なぜかトレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 は上昇していますが・・・)、

第五世代通信、AR、ジカ・デング熱等が出てきていますが決め手に欠けるイメージ。

現在そのあたりは調査中です。

追加緩和があったことを考えれば不動産、それも民泊、ですが民泊は特に大きく動いているのはプロパスト(3236) 3236 株価と銘柄情報 、インベスターズあたりで、すでに上昇しております。

次の新規はまだ見ぬ銘柄、テーマとなるかもしれず、現在は考えているところです。

 

さてそんな中で、タイトルのことを考えるのですが、

ラクーン(3031) 3031 株価と銘柄情報 のような調整を狙うのか

ミナトHD(6862) 6862 株価と銘柄情報 のような右肩上がりを狙うのか

 

これには答えはなく、その時々、その投資家の考え方次第ですが、ラクーン(3031) 3031 株価と銘柄情報 が安くなっているから買いやすい、だからラクーン(3031) 3031 株価と銘柄情報 だとは考えないほうがよいと思います。

もちろんラクーン(3031) 3031 株価と銘柄情報 が押し、安くなっており、いい銘柄ですから鍋底をつけそうであるというのは間違いではないのですが、であれば鍋底を確認してからやるのでも遅くはないですね。

逆に、右肩上がりで上げているのは、もう上げたから買いづらい・・・しかし得てしてそういうものこそ上げていくものだったりします。

 

ではどうすればよいのか。

まずは、テーマ性を考えるといいと思います。

何の銘柄なのか。ここまでに1度盛り上がったことがあるのか。

盛り上がったことがあるのであれば、押し目で再度、という可能性があります。

 

あとは、それが新規の材料なのかどうか。

LINEなどは使い古されている。

新興バイオも同様。

マイナンバーは昨年多いにもりあがった。

セキュリティも同様。

 

 

使い古されていない銘柄、を狙っていくのがいいと思います。

最近ならばフィンテック、民泊が主ですね。

 

ちなみにラクーン(3031) 3031 株価と銘柄情報 はフィンテックの1つですが、すでにかなりフィンテックが使い古されてきている。

民泊は追加緩和もあって新しい。

ミナトはそういったところとは基本無縁ですが、年末年始の大幅な上昇は何かある。

 

といったところを鑑みて・・・ラクーン(3031) 3031 株価と銘柄情報 は下値不安があるので状況次第ではロスカットが必要、ミナトが今は面白いかもしれない、などと考えています。しかし、ラクーン(3031) 3031 株価と銘柄情報 もチャート的にはトレンドは下値支持、右肩あがりですからここらで反発するのでは?と考えています。

 

そして、あとはどれを選ぶのかは、実はセンス、もかなりの部分も含みます。

 

チャートを見たりして、下値切り上げの下値場面だから狙うとか、上値を越したから狙う等色々ありますが、チャートもある程度読めるようになると戦略が増えますから(難しいチャートは必要ないと個人的には思います・・・がある程度読める必要もあります)、勉強もすると良いでしょう。

チャートの読みもセンスです。

 

上がる銘柄だけを仕入れて、儲かる、それが投資顧問なのであれば良いのですが、それだけでやっていける世界では、株式投資はありません。100発100中は不可能ですし、最終的には上げる銘柄が1個でも多く、1%でも上がる、その中で利益を出していくものです。

 

その助けとして、いい銘柄を紹介する努力を怠ることはしないようにしておりますが、本音を申しますと、しっかりチャートや、勉強もして頂きたいと考えております。

いえば、自分で銘柄を選んで、仮で売買をすると良いでしょう。それをし、さらにメンタルを鍛えることでだんだん勝てるようになっていくと思います。

 

その中で当投資顧問が1つの助言の助けになることを含め、頑張っていきたいと思っております。

 

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ