【勉強記事】相場、投資家において大事なこと

 

エディアのその後の動き

 

持っている方はいないと思いますが、2900円以下となっています。

3000円でロスカットとしましたが、不穏だなと思ったら売ったほうがいいという1つの証明です。

 

そして、こうなったときにどうするか? 塩漬けにすると更に下落の可能性が高まります。

 

投資家の心、気持ち、というものは、自分も個人投資家あがりなので良くわかっているつもりです。

塩漬けにしたことも何度もあります。

 

対策は、

①あらかじめロスカット値を決めておく

②きちんとロスカット値に達したときに売れる心があるならば、その時にロスカットする

③できない場合があるならば、きちんと逆指値をつけておく。

④ロスカット値に至ってなくても、なんとなく悪いことになるのではということがよぎったら、周りの環境(マザーズ、同系列の銘柄、チャートなど)を見て、何か持っておくべき理由がない限りはロスカットする。あるいは、悪いことになるのではとよぎったら即ロスカットでもいい

 

これが大事なことだと思います。

これをできるだけで勝てる投資家に3歩ぐらい近づくと思います(逆にいえばできない人が非常に多いということです)

 

負けは必ずあるので、負け額を少なく、勝ちを伸ばすのが正攻法&成功法です。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ