【勉強記事】IPO銘柄の凋落の激しさから、個人投資家向け投資方法の一例、リスク管理

IPO凋落が激しい。

 

フリークアウト等、利益確定しつつと紹介してましたので良かったと思いますが、一旦終焉というのは必ずあるものですし、無理する必要はないということがわかると思います。上げたら利確しながら伸ばして、逆指値つけて、上昇したら逆指値あげつつ、上値が乏しいなと思ったところで利益確定していく。

さらに上げることも勿論あるのですが、格言通りです。

 

「頭と尻尾はくれてやれ」ですね。

 

別の言い方をすると、欲張りすぎる失敗するよ、という意味です。銘柄を選ぶのは希望をもって選んでいいのですが、いい銘柄も、うまく動かないときがあります。

 

そういうときは思い切って撤退、ロスカット値まで下げるならロスカット。

上昇局面では、利確しつつ、残りを伸ばす。逆指値入れて確実に利益を取りにいく。

無駄に思えるかもしれませんが、長期的目線で利益を出すために必要な戦略となります。特に個人投資家でメンタルと技術が身についていない場合には、ある程度機械的にやっていく、こうした方法が技量を上げるまでに有効です。

 

本当に頭と尻尾が取れるような技量になるような、そういうレベルに達したときには、またそういった勘が働いた際には、リスク管理の下でそれに従うのが良いでしょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ