【勉強記事】板についての読み方

一般的かどうかはわかりませんが、

板というものは

「厚い方向へ動くことが多い」

という法則があります。

 

あまりに大きすぎる板などは食いきれず、上昇できないこともあるので必ずしも板が厚い方に動くとは限らないですし、

よくいわれる仕込みたいファンドなどがいるために存在する

「蓋」

などもありますので、必ずしもそういえないですし、

「蓋」を逆に他のファンドが食って上昇させてしまう、などファンドなども、必ずしもうまくやれるとは限らないですから、株が面白く、また難しいところでもあります。

 

しかし、基本法則は、厚い方に動くです。

 

6-23-1 6-23-2

 

上は、さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報 とトレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 の本日の板ですが、

これを見て上が重たいと感じるかどうかで方針が決まりますが、どちらも上は重くはない、むしろ上に行く可能性の方が高いのではないか?と

板だけで言えば読み取れます。

 

この板でたとえばトレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 がわに、もっと大きな板があれば蓋とみることができるでしょうし、それが消えたらそろそろ動く?という考え方もできます。

 

板が厚い方向に動くのにはいくつか理由がありますが、

厚い方向に動くことを知らない投資家は、そちらが重たいから動きづらいだろう、ということで逆に行きます。上の画像でいえば売る方向性になるということです。

 

必ず霜そうなるとは限りませんが、統計をとれば厚い方向に行くことが多いと思いますから、これはスイングトレードをする上で覚えておくと

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ