【推奨銘柄】今後の推奨銘柄 分別等について

おはようございます。今週も宜しくお願いいたします。
各種情報を整理、おさらいしていきます。

まず、一番基本となる「推奨銘柄」です。

数が多いということでお話を頂くことが多くなってきております。
ただし、使える銘柄ということで、それぞれ弊社サイトをどのようにみなさまが使うかもそれぞれ。

スイングで使うのか、短期なのか、中期なのか、長期なのか・・・
弊社サイトは基本的に16200円という安い価格帯で、それぞれの方に合わせて個別でやっていくことは難しいですから、ご自身に趣旨選択頂く必要があるというわけでございます。

それを踏まえ、どのようにまとめるか・・・ですが。

基本となるのはこの推奨銘柄ですが、いってみれば推奨銘柄も 短期 スイング 中期 長期とそれぞれわけたほうがいいので、それぞれ5個ずつだと20個になってしまいます。

というわけで、選別は難しいのですが、このようにしていこうと思います。

1.推奨銘柄は基本、状況次第で、3個~15個程度。
スイング~中期が中心だが強気の長期銘柄も含む。
数が多い場合は、チャートなどを見て減らしつつ増やす方向性。
ただし、悪い動きでない場合、待つ必要があると考える場合は、「推奨銘柄」→「長期」に移行した上で、強気のものだけは長期推奨として残す。

2.レーティング、長期、材料待ちは長期になりがちのため、【長期銘柄】にまとめる。
待つ時間が長くなる傾向があるが、動き出せば大きく動く可能性がある。
その中でも強気のものや確実性の高いと考えるものは推奨銘柄にする。

3.リスク有り銘柄は推奨とは分けますが、リスク高めであるもののリターンも高い。すでに動いている銘柄は、直近のIPOなどをチョイスした場合はこちらに入ります。

以上のようにわけていきます。

今、銘柄数が多くなっていますので、減らす必要があると思います。
ただし、今週のチャートの動き等によっても判断したいと思いますので、これは今週中に切り分けていきますので、まずは概要だけ確認頂ければと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ