【相場観】【本日の戦略】概況間はまちまち。今後もしばらくは、中国・アメリカ次第。個別はフィンテックが継続で強い。

おはようございます。

 

本日もよろしくお願いいたします。

 

タイトルにも書いてあります通り、結局は相場観としては中国、アメリカ次第。

日本が独自で強くなるとすれば、さらなる黒田バズーカが来たときであるといえますでしょう。

しっかりとした追加緩和、要はマネタリーベースの追加が行われるレベルの追加緩和が発表された時なのかなと思います。

 

それまでは、海外市場などに左右されつつ、しかし企業の決算はいいですから、弱いながらも堅調、しかし2万を超えるには材料が必要である、といった考え方でおります。

つまりは、申し上げている通りテーマ株中心であり、そのテーマに乗ることができるか、そのテーマが継続性があるか(今のフィンテックのように)が重要されるところと言えますでしょう。

 

戦略という意味では特に変更なく、

基本は継続

テーマ株探し

テーマ株で下げたもので狙えるものを押し目買い(たとえばフューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報

 

などが戦略となります。

 

本日の戦略としては、昨日と同じく押し目狙いのフューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報

2620円あたりでの指値継続

PCIHD(3918) 3918 株価と銘柄情報

テックファム(3625) 3625 株価と銘柄情報

あたりの仕込み、が基本路線かと考えております。

 

他は持越基本路線です。

 

ザラバ前の板を見ても、セレス(3696) 3696 株価と銘柄情報 、エイシアンスター(8946) 8946 株価と銘柄情報 、ディジタルメディアプロフェッショナル(3652) 3652 株価と銘柄情報 、インベスターズ(1435) 1435 株価と銘柄情報 等、いい感じで始まりそうです。

 

テーマに乗った銘柄をうまくつかめれば、当投資顧問の去年年末~今年の良好さがつかめるということがわかると思います。

株というのは悪い時もあるわけで、若干リスクも高めの投資方法ではありますが、いい時にはしっかりとれるやり方ですから、少し長い目で見て頂ければと思います。

 

あたらしい銘柄など、何かおもしろいものがあればもちろん改めて紹介させていただきます。

 

それでは、本日もどうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ