【相場観】【本日の戦略】波乱が継続した一週間の、週末。ダウ反発により日本も強くなる可能性が高い

 

おはようございます。

 

ダウが強かったことにより、日本も強くなる可能性が高い。

しかし、チャート的にはダウはどちらにどう動くか? 不透明な状況であり、ここで下げ止まればよいが、方向性はまだはっきりとは見えてこない。

まだまだ継続して注意する必要があるでしょう。

 

基本的に緩和策、インフレ策が株式市場としては「良い方向」であり、原油安は株安に基本的に導かれます。

アメリカでの利上げが引き締め策、上値が重たい要因になりますが、これは投資資金方向にする資金が相場から減っていくからであり、新興国が厳しくなるといった所以でもあります。

これを上手く調整しつつ相場を作っていくのがFRBの役目ですが、何せ量的緩和からの利上げ方向は初めてのことであり、経済指標が一気に好転することもないでしょうから、今年の利上げは少なくなるのが予想されております。

1回か2回か。

利上げが少なくなれば円高方向となりますし、難しいかじ取りとなりそうです。

日本側としては、マネタリーベースの拡大が入った追加緩和が実施されるならば、基本的に買いとなりますので、これは意識しておくほうが良いと思います。ここまでは今までの全体相場の読みからですが、ここからの数か月間の考え方としておきます。

無理に売ることもありませんし、買うこともありません。基本はテーマ株、個別株を狙いにいきます。

 

ここからは、銘柄レビューを含めて直近のスイングトレードを考えて行きます。

さて、テーマ株ですが、まずフィンテック関連のど真ん中銘柄であるトレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報

もう少し押したところで仕込みをしたいと考えていたのですが、材料が出てしまいました。

投資事業の会社を設立。金融、投資ですから、要はフィンテック関連の会社を作りますという材料です。これにより、本日寄り前の現在、すでに上昇して始まりそうな雰囲気。リスクは高いが入るのはありかとも思います。チャートからもそろそろ反発をといったところですので、この材料をネタに再度動いてくるかもしれません。

逆にさくらインターネット、インフォテリアに売りが殺到しているので、選手交代があるかもしれません。

 

セカンダリフィンテックのセレス(3696) 3696 株価と銘柄情報 も、昨日強かったですし継続注目です。

 

ドローン関連は理経(8226) 8226 株価と銘柄情報 を紹介していますが昨日大きく上昇。

300円方向期待です。動き方次第では350円方向期待。

 

フューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報 の押し目にも注目、しぶとく物色されていますが、2700円~2800円あたりがあれば狙ってみたいと思っています。

 

エイシアンスター(8946) 8946 株価と銘柄情報

250円どころうろうろしていますが、下値は切り上げています。仕手的なチャートになってきています。

中長期路線の銘柄ですしじたばたしませんが、継続です。

 

ディジタルメディアプロフェッショナル(3652) 3652 株価と銘柄情報 も継続。

 

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

長期で継続。80円以下仕込としていますが、70円前半まで押しており、時間がかかるかもしれない。

テーマ性が今向いていないので、長期なので特にジタバタとする予定も無し。

 

PCIHDが弱いが、これも継続路線。いずれIoTも期待される分野のセクターになるかもしれません。

 

と、今継続中、注目中の銘柄はこれらです。

 

監視対象はトレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 とフューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報

トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 は新規買いするかどうか(寄りから入る予定とします)

フューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報 が押し目狙いです。

 

相場は安定せず難しいですが、下げ一辺倒の相場はさすがにそろそろ終わるのではないかと思いますし、少しずつ市場もやり易くはなってくるでしょう。基本路線としてテーマ性を持った銘柄をあげていきますが、状況次第でありますので、何かあれば都度更新させていただきたいと思います。

 

それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ