【相場観】昨日の下げで織り込んだダウと円高の反動により、プラス推移

 

おはようございます。

 

昨日の下げで、夜のダウと円高をかなりの部分で織り込んでいました。

 

その結果、本日はダウが弱く一時500ドル安になったにもかかわらず、下落幅を縮めたことで安心感から買いが入っています。

厳しいと言わざるを得ない相場ですが、ダウが下ひげをつけ、出来高も増えつつあるなど、セリクラが近いを見えることもあり、買いが入りやすい展開か。中国がおかしな動きをしなければ堅調に推移するのではというところ。

 

日経平均夜間先物も15000円台をつけましたし、さすがにそろそろでしょう。

 

テーマ株は昨日、後場に下げましたが、それでも日経平均などの我先にというような下げには至らず、それなりの下げでありました。

テーマはまだまだこれからの印象もあり、まだまだ注目してまいります。

 

インベスターズ等がおもしろそうですね。

銘柄性、チャートも良いです。昨日の下落にも動じず上昇トレンド。

 

フィンテック、自動運転、ドローン等の関連会社も、値を保っていますし、今は怖がってはいますが、相場が落ち着けば資金はまた回るのではないかと思います。

 

総悲観に近い状態は昨日でしたが、ここからもう1つそう悲観あるかもしれませんが、

ここを乗り切れば、というところだと思います。

 

厳しいですが乗り切りましょう。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ