【相場観】引けにかけての動き 次の銘柄等について

 

本日もお疲れ様です。

残り15分ですが、引けにかけての動きは、少々全体的にだらだらした展開になっております。

 

全体的には弱い展開で引けそうですが、先週までの相場の疑心暗鬼さもありますし、多少は仕方のないところでしょう。

 

一応、いくつか温めている銘柄があり堅調な状態なのですが、

銘柄数が増えているので新規で紹介するかどうかは迷い中であります。

 

当方としても相場自体が安定しておらず、今週の流れ(FOMC、日銀会合)から、戦略をどうするかというのは重要ポイントでありますので、新規というよりは今の銘柄をいったん外しキャッシュを得る方向性もありではありますので、慎重に考えていきます。

 

安定的にやるならば、今はキャッシュ中心で、追加緩和が出たことを確認し出来高を確認したのちに買うのですが、おそらくその時には18000円は超えてくる結果となるでしょう。

 

個別銘柄にはさほど影響はなかったりもしますので(しかし、17000円から16000円にまた下落したとするならば損害はそれなりに大きい)、今は現行の銘柄で様子を見ておきたいと思います。

 

戻りはそろそろとしていましたが、先週末、本日となんとか持ち直して良かったと思います。

あとは今週の政策系の材料次第ですので、注視していきたいと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ