【相場観】日銀動向 マイナス金利発表 それにより動く銘柄は? 再度推奨の、1●●●が上昇中

日銀がマイナス金利のサプライズ発表。

資金の流入先は、

 

追加緩和の基本

 

不動産セクター、あとは東1銘柄、日経平均関連銘柄。

 

これらに資金がいく分、逆に新興銘柄は短期的には下げる可能性もあります。

新興等の銘柄に入っている資金が、大きな銘柄など、日経平均等に左右されやすい銘柄に移動する可能性が高くなるため。

 

マイナス金利はしっかりとした追加緩和ですから、上げて来るのではないかと思いますが、徐々に下落方向へ。

12月に続いての追加緩和なのですが、資金供給量年80兆円を増とする政策に変化がないこと(マネタリーベースの増)が、影響か。

 

何でもやる、という日銀の判断が、どこまで相場を続かせるかが鬼門といったところです。

 

参考までに、

http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k160129b.pdf

今回の日銀会合の主な決定事項です。

 

さきほど、

フューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報

インベスターズ(1435) 1435 株価と銘柄情報

を紹介しましたが、本線は不動産であるインベスターズか。

 

フューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報 、インフォテリ(3853) 3853 株価と銘柄情報 、トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 、あたりのテーマ銘柄は、緩和策からの動向、状況次第ではカットや利確、の可能性も考えて動いて行きたいと思います。

(特にフューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報 は戻りが弱ければ今日中にカットするかもしれません。)

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ