【相場観】世界経済懸念により大幅下落、円高。新規セクター、材料として狙うべくは

 

原油安が主な原因で、世界経済の悪化懸念から下落へ。

昨日のリバウンド相場があったことから、その楽観分を含めて大きく値を消しています。

こちらとしては、ダブル底は基本的に欲しくなるところ、

底抜けしたとすると、13000円までの下落を考えなければなりませんが、それまではテーマでやりくりしようというところです。

 

さて、テーマとしては、ここまでフィンテック、民泊、自動運転、等でしっかりとやってくることができましたが、次のテーマはやはり新興不動産と民泊の合わせ技。

それに状況次第ではフィンテック等もいれていくイメージとなります。

 

次の新しい材料が出ればそれはそれでチョイスしていきたいですが、現状まだこれはというものや、国策などは出てきていませんね。

 

新興不動産の1つとして昨日ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報 の決算が出ています。

3Qでの進捗率は90%を超えており、非常に良好と言えます。

本質、材料性としてはカジノなのですが、新興不動産は実際に表に出ていなくても民泊関連を裏に控えますし(たとえ、投資家の勝手な思い込みで、会社は民泊に関連しない銘柄であったとしても)、新興不動産&民泊の合わせ技は強いものと思っております。

 

AMBITION(3300) 3300 株価と銘柄情報 、エイシアンスター(8946) 8946 株価と銘柄情報 、ストライダズ(9816) 9816 株価と銘柄情報 、インベスターズ(1435) 1435 株価と銘柄情報

これらは継続して注目、またリスクを終えるならば、残りの決算ではAMBITIONは持ち越しても面白いかもしれませんね。

インベスターズは上方修正。

エイシアンスターは下方修正ですが、下方で株を上げるという状況です。

 

厳しい相場が続きますが、不動産以外はあまり持ちを少なくしているのもあって、さほど影響はないようにも思いますが、ここから更に気を引き締める必要があります。

どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ