【相場観】相場観と本日の戦略 ダウは堅調、若干円高。バリューゴルフ(3931)と中本パックス(7811)

おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

ダウはマイナスから始まったものの最終的に堅調気配。

114円つけていた円は若干高くなり、113円台。若干下落で始まりそうです。

相場としては決して悪くはなく、昨日の大幅な上昇劇がありましたから、若干の調整はやむを得ないところ。

しかしながら、昨日の上昇に関しては下落局面の反発ではなく、そこから反発中の状態からの上昇ですので、今までの上昇とはわけが違うとも言えます。

17000円方向へ戻す足がかりになるとみていますが、ここから大事な月1回の指標、米雇用統計がありますから、それを眺めつつ、雇用統計の数値に安心感が生まれると、アメリカ利上げ、各国安定化、という方面になる可能性が高いと思います。

予断は許さぬものの、安定してきており、個別にも資金が入りやすい、いい環境になってくると予想しております。

個別については、フィンテックが強い。

さすがに年明け、フィンテックはそろそろ終わりではと紹介していましたが、インフォテリアやさくらインターネット、トレイダーズなど相場をけん引していた銘柄は弱いながらも、ミナト、GMOPG、セレス、など新しいフィンテック関連が続々登場、フィンテック相場をさらに注目させています。

個別は不動産とフィンテック、ほかいいものがあれば積極的に狙える相場ですので、吟味して進めてまいります。

不動産は中期、フィンテックも中期的考えです。

 

 

新規IPOですが、バリューゴルフは高いところなのでスルー。

中本パックスはそもそも期待がしづらい銘柄ですのでこちらもスルー予定です。

 

IPOはリスクが高いですので、できるだけリスク少なくやっていきたいと考えています。

期待できる銘柄で安く初値をつけることもありますから、そういったもの、確実性の高いものを狙っていきたいと思います。

 

それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ