【相場観】相場としては売り飽き状態。新興は強い。推奨中のVR関連銘柄 CRI・ミドルウェア(3698)大幅上昇

円高にも関わらず、日経平均は堅調。

また、夜間に為替は107円台をつけ、夜間日経平均先物では、引けに15390円をつけました。

2月の安値、14865円をうかがうような厳しい相場でありますが、リーマンショックのような状態ではなく、アメリカは昨日は弱かったものの全体的には高値圏であり、日本の独自安。

明らかにファンドなどの動きであり、円高でも日本は対策ができないに等しいであろうという内容を見越した対応と言われています。

サミットも影響していると。

 

が、さすがに売り飽き状態であり、日経平均もなんとか持ち直しつつあり、個別は堅調。

新興、不動産、等複数銘柄を紹介していますが、

VR系のCRI・ミドルウェア(3698) 3698 株価と銘柄情報 は大幅上昇中。一時推奨から30%の上昇率。

ほか、IPO等も紹介しており、堅調な状態です。

 

また、アカツキも再推奨させていただき、すでにしっかり利益が出てきております。

 

難しい相場ではありますが、やれない相場ではないですので、セクター、IPO、など資金の入ってくるであろうところをピンポイントに突いて、狙っていきたいと思います。

 

この相場では大企業、円安享受銘柄は厳しいですが、新興等で攻めてプラスを作っていきたいと思っております。

 

どうぞ今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ