【相場観】昨日は推奨中、CRI・ミドルウェア(3698)が暴騰ストップ高。次の狙い手を探していく段階。日経平均は弱み含み。

おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨日は、全体相場としては前場弱、後場強、という状態でした。

後場の強さに関しては、ある程度当然といったところがあります。

海外株は強く、売られる理由は円高だから、という他にはなく、理由なき売りなので、逆に下げたところは戻る可能性も高くなる。

 

しかし戻る理由もさほどなく、膠着状態と言えましょう。

 

やるものがないだけに、今は新興が強く、マザーズ指数を見ると高値圏で怖い状態であることは間違いないのですが、そういったことはモノともせず上げ続けています。

強い流れに乗れなければ株で勝てるわけもありませんから、当サイトとしても新興銘柄を中心に紹介しております。

得意ジャンルとなりますから、しっかりと利益の出る銘柄を今年は排出できていると思います。

厳しい相場でもやれる体制、あるいは上で利確して下で再度仕込む、ということができなければ株では勝てませんが、今のところしっかりと流れにも乗れているのではないか?と思います。

 

さて、昨日はアカツキに続き、推奨中のCRI・ミドルウェア(3698) 3698 株価と銘柄情報 がストップ高となりました。

次は、ストップ高の可能性は低いですが、3から始まる証券番号の銘柄を複数紹介しており、期待しております。

IPO系が多いですが、IPOが多いのにも理由があり、こうした膠着相場では大型株でやれるものがありませんから、自然とこういった銘柄に資金が移ることが多い、ということ。あとは2桁銘柄もそうですね。

 

資金の流れを考えればおのずとそうなるわけで、うまく流れに乗れれば勝てる相場ではあります。

その流れをしっかり今後も考えてまいりますので、応援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

 

当サイトでは2週間無料でお試し頂くこともできますので、まずはそちらをご利用頂ければと存じます。

 

それでは本日も頑張りましょう。よろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ