【相場観】全体相場と、マザーズ指数について。今後の展開予想。

 

今後の展開予想ですが、読みは難しい環境ながら、

海外株高、利上げペースが遅いとはいえ米の回復、マイナス金利、選挙前、等

色々なファクターを考えていきますと、上が可能性としては高いと見ています。

 

そうなった場合にマザーズですが、

マザーズに関しては2013年からずっとBOXです。

が、月足で見ると、2013年5月は、アベノミクスからの上昇劇で、2012年のマザーズの安値300~400からの脱却を示唆したところで、さすがに3倍となると高すぎたところ。

今回はそのBOXの後、1100を抜けるかどうかという勝負で、上を目指すなら1200~1300をつけていきたいところ。

 

今がポイントです。

 

けん引してきたのはフィンテック、バイオ、などですが一番貢献度が高いのは、今回はバイオ。

バイオはそろそろ上もきつくなってきますから、何か新しい手段は必要になる可能性は高い。

チャートで考えると、4月、1021始値、安値918、高値1089、と陽線、下ひげ。

現状では、高値更新の可能性が高い足にはなっています。

 

ここで、2013年の5月の足のようになってしまうと(上下に髭)良くありません、この場合は2013年5月と同じ動きになってしまう可能性も。

特に、セルインメイの新興版が発生する可能性も。

 

できるだけ上のほうで引けてくると、上昇の確率が高まります(当たり前ですが)

 

この、4月、5月で抜けるとは限りませんが、調整あっても、今度は抜いてくるのでは・・・と考えています。

 

そのためには、バイオの更なる躍進か、他のマザーズ系の銘柄のセクターの躍進が必要が考えられるため、現状では強気でありつつも、様子見、考え中スタンスです。

 

無理はしませんが、少し強気気味で、継続していきたいと考えております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ