【相場観】【銘柄レビュー】全体的に利確が入っている状態。利確・撤退を勧めた上で押し目狙い。

 

バイオを中心に、下落。

マザーズが流れに乗って暴落となっています。

 

利確が入っている理由は明白で、GW前であるからという理由と、

高いところであるためマザーズに利確が入った。

 

先週まではそれでも後場に強い展開になるなどし、持ちこたえていたのですが、本日はさすがにそうもいかなかったようです。

 

本日、上値が抑えられた銘柄を利確、またロスカットなど進めました。

 

これは、今日下ひげがあったとしても、それなりにしっかりした陰線で終わると明日以降、更に下落という可能性もあるため、
その回避のためのキャッシュ化です。

 

特にマザーズではそうです。

 

戻してきてはいますが、2月の664Pから2倍近くになった経緯を考えると、場合によってはセルインメイのマザーズ版、というものも考えなければなりませんし、ここで積極買いというのは難しい判断です。

 

最近はちょっとしんどい相場、また読みが利かない相場が続いておりご迷惑おかけしておりますが、1月~4月に大幅利益を出してきたテーマ株などもありましたし、そのテーマ株を再度探す展開としたい。

 

しかしながら、決算がありますので、その決算が落ち着くまではそのテーマも動きづらいでしょう。

 

銘柄としてはIPOが6月まではないと思いますので、IPOへの資金回帰はあるかもしれない。

マザーズ銘柄であることが多いのでまた難しいところではあるのですが、

マザーズの押し目を狙いにいくのを基本戦略とし、今は推奨している4銘柄(リタリコ、ヒロセ、アイリッジ、倉元製作所)以外は無理に進めることはしない可能性もあります(もちろん優良なものがあれば紹介します)

 

リタリコは戻してきました。これは優良銘柄でもあるため推奨した結果です。が、マザーズが更に下げれば下落を余儀なくされるため、2~3回に分けて買いにいく方針に変わり有りません。

 

アイリッジはナンピンしてもいいのですが、ここは継続のみとします。

 

ヒロセ通商も、いい銘柄です。優良と言えるでしょう、

マイナス金利から、為替の値幅が大きくなり、スプレッドの幅が多くなったと思われ、収入、利益が増えています。

マイナス金利、追加緩和の流れは不変ですから、まだまだ注目されてもおかしくない。

期末配当も増えていますし、1000円方向期待です。

 

倉元製作所(5216) 5216 株価と銘柄情報 は長期なので継続。押し目は拾いにいきます。

 

マザーズとしては、きちんと1000P台に向けての押し目を拾いにいくスタイルを心掛けます。

もし今日下ひげつけて、明日以降上るようであると、直近高値の1230.82を超えていく展開となるでしょう。

その場合は、テーマやIPOが盛り上がるので、タイミング次第で大きく狙いにいく、あるいは少しまえのCRI・ミドルウェア(3698) 3698 株価と銘柄情報  2650円INなどのように、テーマ株の押し目を狙いにいきたいと思います。

 

基本はこうです

・マザーズの押し目を狙いに行く 1000Pに向けての押し目

・上昇がとまらないならば、出遅れ、テーマ株、IPOを狙う

・5月セルインメイ 今年は注意すべきかもしれないと考える

・決算は基本的に、円高から悪い決算が出ると思われ、それはある程度織り込み済。

以上です。

 

リタリコが2500円越えてきた。

まずはリタリコをスイングで、ヒロセを中期で、アイリッジの反発に期待しましょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ