【相場観】日経平均、日銀会合予想外の展開に

 

日銀発表。

緩和無しとなりました。

 

ここ一週間、緩和ありきで相場が進んでいたということで梯子を外される結果に。

特に日経平均寄与銘柄には相当なる痛手。

 

一時16730円の安値もありました。

 

海外株が高いだけに、予想は今後についてはつけづらいところです。

 

一気に2円円高ということでさすがに個別銘柄にもある程度影響がありますが、それでも個別はさほどの影響ではないように思います。

 

 

不動産として、一気に下落。

マイナス金利の追加を期待していた市場がありましたから、プロパストやAMBITIONなどは足をすくわれた。

エイシアンスターはそれほど影響はない。そもそも押し目狙いなので押し目があってよいぐらいです。

この銘柄はマイナス金利がどうこうは、あまり関係ないですね。

 

ヒロセ通商にも若干影響あるかもしれませんが、基本的にはこの動きはそうそう長く続くものではないと思われます。

 

見立てが変わりましたら紹介していきます。

基本的には継続路線、押し目狙いです。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ