【相場観】マザーズ下落、日経平均は円安傾向もあり強気。麻生財務相の「介入用意」発言

 

相場は強いが新興はバイオなどが下落しており、弱い展開。

麻生財務相が介入の用意があると発言したことにより、円高方向への警戒感から円安へ。

日経平均も戻しにかかっている状況です。

 

全体から言えば、5月決算の最盛期ですから、あまり大きく動くこともなく、決算前に終了するのか、持越するのかといった週。

今保有している銘柄は5月12日決算~になっているので、本日は特別動かなければならないという意識ではおりません。

 

場面的にも新規で推奨する場面でもありませんし、現状況からすると様子見、継続、です。

 

リタリコが4000円を超えてきましたが4000円以上は重たい。

こちらもしっかり上げているので、決算までには利確予定。

実質、日柄的には木曜日か来週の月曜日あたりかと考えていますが、銘柄の状況次第でしょう。

 

色々情報を探していますが特に面白い情報などが本日はなく、

決算情報待ち、といったところです。

 

特に新しい情報が無く申し訳ありませんが、各銘柄、まちまちなので様子を見て行きたいと思います。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ