【相場観】【銘柄レビュー】日経平均弱い展開。 マザーズはバイオの反発とともにほぼプラマイ無し。

 

ここ最近の展開としては、日経平均、景気敏感株が上がると新興は弱く、日経平均が弱ければ新興に資金が向く、といった動き。

それに決算の強弱で相場が形成されておりますが、やはり全体的には厳しい。

 

オーソドックスな銘柄については、やはりここ最近の円高による影響があり、決算も厳しく、

また 最近は大会社自体の体質などの悪影響

 

三菱自動車 以前からであればタカタ、

シャープ(6753) 6753 株価と銘柄情報 、東芝(6502) 6502 株価と銘柄情報 など

 

上手くやれていない会社も多く、またファーストリテイリングなど影がみえ、買いに動くというパターンでなくなってきています。

 

新興についても、一極集中的であり、やりにくい相場です。

 

まずは、現在のパターンとしては、新規については今週末に考え、来週に配信していく可能性があるとしておきます。

そのうえで、残りの銘柄をどうするかです。

現在残るは、

3778 さくら
5216 倉本
3917 アイリッジ
6187 リタリコ
3935 エディア

 

こちらの5つ。

 

そのうち、

さくらインターネット(3778) 3778 株価と銘柄情報

倉本(5216) 5216 株価と銘柄情報

アイリッジ(3917) 3917 株価と銘柄情報

は継続。

 

アイリッジについては、5月9日に株式新聞ニュースに出ていますし、今後注目されてもおかしくないと思います。

 

エディアは非常に微妙ながら、継続します。

 

リタリコは来週の頭が決算ですからこちらも継続としておきます。

状況次第では本日利確します。

決算の持越は無しです。

押す場面などあれば、再度仕込んでみたいと思います。

 

実際のところ、決算持越というのはギャンブルに近いので、持越はせずに、決算の大半が終わる今週が終わってから、相場を見ながら新規を紹介していくイメージでおります。

決算が出た後、上昇したあとの下落場面などがあれば狙える銘柄もでますので(たとえば、材料後に押したときのリタリコのように)そういったものを狙ったり、いい決算で上げなかった銘柄を、うまく仕込めるような展開を考えております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ