【相場観】主軸が強いと新興が弱い流れが継続

 

あまりにも動きが激しいものが多い。

バイオ系の凋落が激しい。

そーせい(4565) 4565 株価と銘柄情報 、アキュセラ(4589) 4589 株価と銘柄情報 、等。

これらが強くなければ、マザーズ指数は弱くなり、他の銘柄にはさほど理由はなくても売られるという展開。

 

逆に、これらを利確してメイン銘柄に資金を向けようという動きも見え隠れし、非常に難しいかじ取りとなっています。

 

チャートを考えると、マザーズ指数は75日平均線、日足で雲上、このあたりをキープできるかどうかが焦点となる。

弱いわりに底堅いので、しんどい銘柄もありますが我慢。

現状ではどちらに動くのか、というのがわかりづらい環境となっています。

 

アカツキは一時ストップ安という展開。

推奨はしていませんが、買っても面白いところだと思います。

ただしリスクは高い。

 

エディア、PXB、ブランジスタ、と相場をけん引していたところが弱い。

エボラ、リタリコなども弱い。

アイリッジも微妙。

フィンテックのさくらインターネット、セレス(3696) 3696 株価と銘柄情報 などは強い。

 

難しい環境ですが、チャートとしてもどちらに動くのかはたゆたっている状態であるため、ここは全体的に継続で考えます。

 

状況次第で動きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ