【相場観】2016年6月1日相場 

おはようございます。

今月もどうぞよろしくお願いいたします。

 

ダウは86.02ドル下落。

明日のADP雇用統計、金曜日の雇用統計に向けての調整、といえるでしょう。

特に大きな下落理由などは無いと思います。

 

それにともなって日経平均先物も下落、朝も下落で始まってはいますが、現状特に心配する考えではありません。

マザーズ、新興についても同様に心配する環境ではない。

心配するとすると今日の相場が日経平均、マザーズともに弱くなった場合に調整があるかもしれないということで、それは今日明日での判断が必要となります。

しかしそれもアメリカの雇用統計の材料、利上げのタイミング次第といったところです。

 

ただ、個別でチャートが悪くなりつつあるもの、動きがないものもありますので、そういったものに関してはキャッシュポジを整える意味合いも含め、終了する個別銘柄もあると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ご案内の必要な内容などあれば紹介してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ