【相場観】おはようございます。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

 

本日の相場についてですが、まずは下落から始まります。

アメリカ側の雇用統計から、弱い指標が確認され、6月の利上げがなくなったこと、むしろかなり慎重姿勢とFRBがなっていること、などから円高傾向。流れとしては日本の基本的な銘柄、日経平均寄与銘柄には非常に厳しい状況になります。

また、イギリスの、EU離脱も警戒しておく必要があります。

そういった海外事情により、日本側も日銀会合など、政策期待、また参院選挙前期待、があるのですがそれでも下落傾向。

厳しい状況が続いております。

6月は追加緩和なしが大勢、しかし7月には期待がもたれている。

あればサプライズ、なくてもさほど影響は無しと見ます。

 

16000円を割る展開も考えておく必要がありそうですが、突っ込んだところはねらい目だと思います。

 

さて、全体相場は厳しい。しかしここからの突っ込みどころは買い場と見ているのですが、新興は強い。

LINEが上場

各銘柄に材料が頻発

等、全く衰えを知らない状態になっています。

 

やるものがありませんから、こうした銘柄に資金が集まるのは至極当然のこと。

一緒に下げるか、しっかり集まるかですが、今はマザーズの先物上場も控えておりますし、資金が入っているといえましょう。

 

推奨銘柄からは、大きく上昇しているものが多数。

 

Hamee

セレス

エボラブルアジア

アカツキもそろそろ上昇へ

エディア

CRIミドルウェア

ロックオン

リタリコ

など、大きく上昇しています。

 

そろそろ利確もいいのですが、ここまで強いと頑張ってみたいという印象もあり、今は継続です。

 

予想の困難な厳しい状況は続きますが頑張ってまいりましょう。

 

今週も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ