【相場観】政策は現状維持 円高 104円半ば

 

もともと現状維持が多数派ではありましたが株価が下がり、円高が急激に進んだだけに、何か出るのではという印象もありましたが、結果無し。

EU問題があり、

さらなるリスクオフもあるかもしれない。

状況から考えて、EU問題がある程度わかってくる今月半ば~23日まで厳しい状態になるかもしれません。

 

もう一段下げ、15000円割れも考えます。

そうなったときには絶好の買い場だと思います。

 

銘柄はどうするかといったところですが、

リスクオフの為に切っておき、安値を探すのも一手です。信用維持率が厳しければ一旦キャッシュ化も考えましょう。

そういう場合に保持してもっておきたいのは、

Hamee

セレス

エディア

エボラ

CRIミドルウェア

等の押し目は拾ってみたいところ。

 

他に関してはキャッシュ化優先といったところです。

 

が、これ以上下落させる=100円割れというわけには、日本側もいけませんから、何らかの手段は講じるだろう、というわけで自然反発は十分あり得る段階になっています。

 

厳しいながらアク抜け狙いで、継続です。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ