【相場観】イギリスのEU離脱投票を控え、様子見伺いの展開となる可能性が高い。

プレグジット問題。

 

現在の状況は

 

・残留派が若干離脱派をリード(株高要因)

・残留が基本である

・ベットとしては残留が多数

 

 

基本は残留方向。

しかし、民間、そして明日の日本時間6時頃から本投票の結果開票があり、昼頃に結果が出る・・・ということで、かなり一喜一憂するような相場展開になりそう。

 

FXにしろ先物にしろ、株にしろ、その展開についていけない・・・となるのであれば全キャッシュのほうが良いと言えましょう。

 

推奨銘柄は継続します。

ものによっては切ってキャッシュにするものもあるかもしれませんので、のちほど銘柄レビューで紹介していきます。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ