【相場観】イギリス プレグジット 残留が優勢  織り込み済 離脱となった場合の影響は大きい

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

 

まず、プレグジット問題ですが、株式が上げているのは残留を織り込んでいるため。

つまりは、離脱となった場合はかなりのインパクトを持って下げる可能性がある。

また、残留となった場合も出尽くし感から下落の可能性もあります。

 

当方の見立てとしても残留支持であり継続路線でありますが、

こういう場面では無理をせずに継続でなく全キャッシュにするという手段もあります。

 

このあたりは個々のやり方なので考えて頂ければというところですが無理はしないよう。

 

銘柄はいい感じです。

AWSHDは昨日ストップ高からの、本日ギャップアップと狙い通り。

気配で1万を超えてきました。

 

監視としているストライクも割と強い。

 

セレス(3696) 3696 株価と銘柄情報 、Hamee(3134) 3134 株価と銘柄情報 、エボラブル(6191) 6191 株価と銘柄情報 にも資金が戻りつつある。

 

エイシアンスターも寄り付きは230円を超えてきました(現在は調整)

 

状況は決して悪くなく、むしろ大きく取れている可能性もあるような状態ですから、しっかり次の銘柄調査も進めてまいります。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ