【相場観】おはようございます。追加緩和からの次週 今週からは決算と追加緩和の市場判断を見極める週

おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトル通りとなりますが、決算が本格化することと、今週からは決算と追加緩和の市場判断を考える週です。

 

追加緩和の市場判断はともかく、実際の追加緩和の感触としては・・・

悪くない緩和ではないかと思います。

 

追加緩和内容ですが、ETF買い入れ額を年3兆から6兆円に倍増。

しかし、円高が進んでいる環境にあります。

この理由は、マイナス金利拡大がないことが要因。

しかし相場は堅調。

マイナス金利がなかったことで、頭の重かったメガバンク銀行に資金が入る等しています。

逆に不動産は弱くなり気味になるかもしれません。

 

また、将来的な追加緩和に含みがあります。

政策協調を合わせたこと、また黒田氏が市場と対話していくイメージの話をしており、流れ次第では9月あたりの追加緩和もあろうと思います。

 

そう考えると決して今回の追加緩和は悪い内容ではなく、株価を下支えする効果はある。

が、上値を伸ばしていくようなイメージでもないため、簡単な判断はできない。

 

基本的には堅調に進むのではという予測、下支えはあるであろうという考えから、個別は継続で行きたいと思います。

 

何か動きあれば紹介してまいりますので、今週もどうぞよろしくお願いいたします。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ