【相場観】英中央銀行イングランド銀行利下げ、量的金融緩和

おはようございます。

英中央銀行イングランド銀行が利下げ、量的金融緩和。

プレグジット影響は重く見ているようで、これを和らげる作戦に出ているということだとおもいます。

これ自体は投資家心理には好影響を及ぼし、日本株も堅調に進むための足がかりとなりそう。

 

日本株について・・・

日本株については、投資家心理への好影響と、昨日のETF買い、後場の強さ。

これらが合わさって売りを出しにくい環境。

昨日日銀のETF買いは700億レベルまで上昇。

やるときはやる姿勢は売り方の動きを弱める。

日経平均は再度16500円方向を目指すのではないかと見ております。

 

あとは個別。

任天堂を基本に、全体的な資金流入に期待。

日経平均も、日足では雲われ方向にいかず堅調。外部環境も悪くない。

あとはマザーズに資金が戻るかどうか。

 

決算があるので足取り重い、金曜日なので上値は抑えられる形になる可能性も高いが今の推奨銘柄は現状考えております。

 

動きがあれば紹介します。どうぞよろしくおねがいいたします。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ