【相場観】後場にかけて強い。日銀買いが継続中か

円高にもかかわらず堅調。

日銀による買いが継続しているように思えます。

ETFの日銀による買いの拡張によって、相場に安定性が生まれているように感じます。

 

ここのところ、後場が強い流れになっているのは、日銀のETF買いと、それに対する注目度、期待の表れと思います。

日銀の買いは個別銘柄には及びませんから新興には素直に資金が入ってこないのですが、

個人投資家の投資意欲にも徐々に反応があると思いますので、8月、お盆をすぎるあたりからは積極的に動いてくる可能性があると思います。

 

それまでは、凪の状態となるかもしれませんが暫く待ちたいと思います。

 

待ちといいましても、さくらインターネット(3778) 3778 株価と銘柄情報 がようやく戻り歩調になってきていますし、

フューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報 も動きつつあります。

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 関連も同様です。

 

現在少し前に注目されたものに注目されてきているようで、資金の戻りが見えています

CRI・ミドルウェア(3698) 3698 株価と銘柄情報 なども面白くなってきましたし(推奨中ではないですが)

任天堂が強いことで別のところにも今回は資金が向くと考え

また日銀買いの支えにも期待し、継続でいきます。

 

米雇用統計も強かったことで、売られにくく、また米利上げの年内の可能性もあることから、思い切っての円高方向、株売り、というのは考えにくい状況だとは思います。

 

状況等変わりましたらまたご報告してまいります。

 

 

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ