【相場観】おはようございます。週初めの相場観から

おはようございます。

今週もよろしくお願いいたします。

 

夏休み相場ということで閑散相場は続きそう。

12日の米ダウ平均は、反落、37ドル安となっております。

米指標の弱さから上昇とはなりませんでしたが、さほどの状況でもないため、値動きとしては小幅。

日経平均先物、日経平均にも影響はほぼなし。

 

日銀のETF買いがあるため、日経平均は売られづらい状況ですから、基本的には堅調気配は続くと考えております。

全体的には強いが資金が新興や小型に向くのはもう少し先か。

ここは我慢、というよりも待つしかないですし、

大型株はやっても大きく羽ばたくものはないですから(数か月で1.5倍とかはありますが)

暫くは待ち状況が続きますがそれは我慢するところだと思います。

 

寄り段階では任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 なども弱いが、今のところは継続。

ショーケース、決算は順当でした。

押し目があれば狙いたいと思います。

時価もありだとは思いますが売りが出そう。

一旦は様子をみつついきます。

 

動きあれば相場観など紹介していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ