【相場観】今週の注目ポイントは26日FRB議長講演 今年のアメリカ利上げの方向性が決まる。

26日のイエレンFRB議長の講演内容を見極めたいとするムードが高まっています。

現在ドル円は、100円台中盤。

小動きとなっていますが、これは26日のイエレン氏の講演内容次第でかなりの部分上下しそう。

具体的には

・アメリカの利上げが年内とするならば、ドル買い、円売り、となる可能性が高い。

ダウは下げるかもしれないが、日本には追い風。

 

・アメリカの利上げは慎重にいく、という姿勢を崩さなければ、ドル売り、100円以下という動きもありえる。

 

 

26日次第といえますが、26日がくるまでは、日銀のETF買い等、基本的には堅調に推移する材料が多い。

新興もフィンテックの材料を筆頭に、IPO絡み、自動運転絡み、といい材料が出てきているので、

8月の閑散相場からの戻り相場としては絶好の動きだと思います。

 

基本的には新興を紹介していますが、26日次第では状況が変わるため、中長期で大型株という可能性も出てきます。

そのあたりは精査を進めてまいります。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ