【相場観】8月29日相場観 FRB議長 利上げ方向示唆 タカ派発言。円安へ

おはようございます。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

 

FRB議長が利上げ方向を示唆。

今までハト派発言を繰り返していたイエレン氏がタカ派へと発言を変更したことで、円安が進行。

9月、あるいは年内利上げがあるかないか、といったところですが、米経済、株価が安定していることから、利上げの方向に進む可能性は高くなってきています。

 

次の焦点は・・・

米雇用統計の発表。

ここで、20万人以上というような高い数字が出てくるようであれば、利上げ方向は一気に加速、円安方向に進むかもしれません。

 

今年は、2月の安値以降、BOX相場が続いています。

15000円~17000円のBOX。

ここを上抜けるには、やはり円安方向に進まなければ、という状態。この利上げ示唆から、良い方向に進むかどうかには注目が集まる。

 

雇用統計が金曜日にありますから、週末にかけては様子見相場となる可能性は高いので、それも踏まえた上で考えていこうと思っております。

 

日経平均は、中期的にみれば、15000円~17000円のボックスですが、今は日銀ETF買いが入っており下値は買われやすい。

よってそうそう16000円を割り込むような展開は、大幅な円高がなければなさそう。

ただ17000円を超えるにはこちらもまた円安方向が無ければ難しい。

この16000円~17000円のBOX、というのは短期で抜くのは難しいと思います。

 

週内で考えれば日経平均16000円買い、あるいは17000円は売り、となりますが、週末になるにしたがって様子見となると思います。

日経平均でやるならば、225先物を16000円付近で買う、あるいは17000円で売る、それ以外は見送り、といったようなイメージでの戦略です。

あるいはファーストリテイリングといったところでしょう

 

 

先週、新興が大いに売られました。

しかし、この円安傾向にしたがって、遅れながらも戻る可能性は考えます。

推奨中の銘柄は4つ。

 

ショーケース

フューチャーベンチャーキャピタル

システムソフト

CRIミドルウェア

 

必要に応じてレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

面白い情報等あれば紹介していきますのでよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ