【相場観】基本的な考え方

ダウ大幅下落から、大きく下落していますが、

当方としての基本的な考え方です。

 

まず、日銀に逆らう形で(ETF買いが拡張されている)

売りで仕掛けることは基本的に無し。

 

16000円前半があればやはり買いだと考えています。

 

売り方も日銀に逆らう形でというのは基本ないと考えられます。

特に今回の下げはダウが下げたからですが、利上げが9月に行われるのであれば円安になる可能性は高くなっております。

日本企業には追い風となりますから、ダウ安、円安、日本高、という展開も十分考えられます。

 

というわけで、下落した局面があれば買い場だと思いますし、

マザーズでいえば920ポイントあたりは買い場だと思います。

 

ここからの押し目は拾ってみたいものとして、現在は考えております。

 

VR系のみ、先週半分利確したとして考えていますが、状況次第で全利確しますのでよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ