【相場観】相場観 原油安懸念が再燃 生産、供給過多の恐れ

おはようございます。

本日は、原油安の懸念が再燃し、株式全体が下げている格好。

インフレ政策を世界的に行っているため、原油安は株式市場には基本的に厳しい環境となるための下落。円は安い方向へ。

 

しかし・・・

 

原油安の再燃ですが、今更感があります。

日経平均はさすがにダウ250ドル安ということで下げていますけれども、見た感じそれほどの痛みがあるようには見えず。

個別銘柄から戻りつつあるような印象。

 

不動産など日経平均にそれなりに関与してくる銘柄はきついかもしれません。

 

日経平均としては前日はおよそ100円。

円安、海外株安、ということで、どちら?という印象ではありますが、下値は買われやすいというのはここのところ変わらず。

 

やはり押し目は買い場という基本的な考えは変更無し、本日も全体的には継続路線です。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ