【相場観】本日は日銀政策決定会合について

本日の日銀政策決定会合について考えていきます。

 

まず、基本スタンスとしては押し目待ちです。

 

2013年4月以降の、物価上昇率2%、日銀の緩和策等について総括的に検証するとのこと。

追加緩和期待は常に怒っています。

コンセンサスでは現状維持ですが、長期国債買い入れを削減した上での、マイナス金利拡大という噂もあります。

 

実際のところ、現状維持がコンセンサス通りではありますが、市場からは期待があるようで、マイナス金利深堀が期待されている、ここまではコンセンサス通りともいえ、マイナス金利の追加、あるいは現状維持だと株は売られ、円高となる可能性が高い。

 

 

円安方向の策、金利関連、などの材料が出ることで株は上昇、となるでしょう。

 

基本は現状維持かマイナス金利への深堀あたりが発表されるのではないかと見立て、突っ込みがあるが割と早く戻り、反発していくようなイメージでおります。

 

推奨銘柄自体を切ることは現状しないのですが、全体的にはそういったイメージで考えます。

ファーストリテイリングやソフトバンク、景気敏感株、日経平均寄与率の高い銘柄を進んでやる場合や日経平均先物などを狙う場合は、参考に頂ければと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ