【相場観】ドイツ銀行問題は、以前からあったことですが根は浅くない

後場もお疲れ様です。

紹介銘柄はまちまちです。

ちょっと判断難しい局面に来ていると思います。ここから一週間は若干下げ目の予想です。

 

問題は、本日の下落の要因として、気になるドイツ銀行の問題。

ドイツ銀行の問題は以前からあったことですが、

ドイツ銀行が傾けばEU全体の問題に発展する可能性もあるため、

株式市場には相当痛手となります。

 

それを考えて、もう少し押してから・・・という考え方もありますが、

日銀ETF買いとそれによる投資家の攻勢、そして売り方の弱さ、の方が強いので、16000円前半は買い場でしょうし、ドル円100円あたりも買い場だと思います。割れるところがあれば強気で買ってもいいところ。

 

それにしても日本の株は強い。

後場急反発、16600円方向まで戻してきました。

 

こうなってくると、簡単に売り叩くこともできず、場中は日本株は強気になることが多い。

8月から、日銀ETFが功を奏し、場中に強いところに、さらにQQEの拡大がありますから、場中に弱くはなりにくいと言えましょう。

 

夜は下げることが多いですが昼は堅調、となると相場としては読みづらいのですが、基本的な考えが外部環境、日本の環境からそうなるのが現在の道理なわけで、海外を考えれば今はウリなのですがウリともしづらい。

 

現状、推奨銘柄も含めて、突っ込みOK判断の、継続路線で考えます。

 

状況次第で銘柄、相場観していきますのでよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ