【相場観】10月の相場について

統計的な話や、10月の相場についての話をしておきたいと思います。

 

まず、10月の相場は荒れることが多いです。

統計的にも荒れやすく、特に下に向かって荒れやすい。

 

直近でも、欧州の懸念問題が10月にあって急激に下げる等ありました。

 

そして今回も欧州の問題、ドイツ銀行問題が出てきており、

すでにその前フリとして巨額賠償の問題が出てきています。

 

基本路線としては、確かに巨額賠償でドイツ銀行、またドイツやEUをつぶそう、なんて考え方はないのですが、

それとは別に懸念で下げる株式市場ですから、この10月大いに調整する可能性もあります。

 

逆に言えば10月をうまく乗り切れば、年末いい感じに追われることも多い。

 

以上から、考え方としては10月はポジションをできるだけ少なくし突っ込み狙い、という手段を取ることが感がられます。

 

というわけで、現在推奨銘柄多めなのですが、

いったんこれらは利確、あるいは撤退として、突っ込みどころ探しをしていく事になる可能性が高いとしておきます。

 

今週あたりに各銘柄をある程度整理し、突っ込みどころを狙いにいくイメージです。

 

突っ込みどころを探すということは持ち銘柄が少ないので退屈になるかもしれませんが、

大局を考えれば資産を減らす可能性の高い株持ちより、銘柄を持たずに虎視眈々と狙う、というのも大事となります。

 

実際に下げるかどうかは時の運ではありますが、欧州懸念が再発する材料が出てきているので要注意の月だと思います。

いったん推奨銘柄も6割~8割程度終了とすることも考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ