【相場観】おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

全体的にあまりいい雰囲気ではないようです。

 

米は雇用統計が中心ですが、そのあとは大統領選が注目される材料となります。

日本は今日の日銀会合が注目材料。

追加緩和の向きはなさそうですが、注目はされます。

なければ売られる可能性もありますが、もともと今回はサプライズが用意される可能性はさすがに低いでしょう。

 

全体的にあまり雰囲気が良くない。

銘柄も動きが悪い。

あまりにも動かないことがあるので、一旦銘柄を整理しようと思います。

後ほど整理していくのでよろしくお願いいたします。

 

決算系で材料が出たものとしては

ネットイヤー(3622) 業績予想の下方修正→変わらず

田中化研(4080) 4080 株価と銘柄情報  業績予想の下方修正 →下落

KVK(6484) 6484 株価と銘柄情報   通期業績予想下方修正、特別損失計上 → 変わらずというより上昇

シノケン(8909) 8909 株価と銘柄情報  業績予想修正、期末配当増配 →上昇

トーイン(7923) 7923 株価と銘柄情報  業績予想修正、特別利益の計上 →変わらず

ニッポン高度紙工業(3891) 3891 株価と銘柄情報  業績予想修正→変わらず

 

 

業績系の発表が変更されたものをざっくりと紹介しておきましたが、下方修正の業績変更があってもさほど影響がないところを見ると、ある程度織り込まれているということかもしれません。

銘柄によっては持越も出来るかもしれませんが、こちらで紹介している銘柄とは別ジャンルのものが多いので、何とも言えません(関係しそうなのはネットイヤー(3622) 3622 株価と銘柄情報 あたりぐらいでしょうか)

動きが悪い、チャートが悪いというもので、長期化しないものはのちほど、切りますのでよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ