【相場観】戻りの要因はアメリカ

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

今週は大幅の戻りで始まっています。

アメリカが弱く、海外も月並み弱かったにも関わらずのこの戻りは、アメリカ発の材料から。

FBIが、クリントン氏不起訴を維持したことによります。

これにより円安、ドル高、株高となっています。

 

判断は難しい。

しかし、これでトランプ氏が再度上昇する確率というのは下がったとも言えますので、

ここからの押し目は買い場・・・だと思います。

急いで買う場面ではないが、

クリントン氏の支持率回復となれば調整がないかもしれない、

材料次第である、というわけで狙い方は難しくなりました。

 

ここで買って、クリントン氏、トランプ氏拮抗となればまた調整する可能性が高くなりますし、

その可能性も考えて調整狙い、

その分、個別はあえて狙って押し目も狙うというイメージで考えています。

 

少し狙いよりも高いが、

ZMP関連のフューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報 を買うことを考えつつ、

他の銘柄も狙う可能性がある方向で考えます。

 

難しい展開ですが、今週もどうぞよろしくお願いいたします。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ