【IPO】年末に向けて、新興、IPO戦線に視点が向く可能性

後場の相場もお疲れ様です。

チェンジが急騰。

決算が14日に出ており、さらに

https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/145438

こちらの材料で急騰した模様。

 

今後、

音声

自動運転

ロボット

等、ハイテク技術は更に向上を続けると見られ、

その技術は、介護から、医療から、製造業まで幅広いところで使われていきます。

 

そういう意味あいでも、IPOについては資金の流入先であると見られ

年末、年始にかけては新興、IPOは、季節がらとしても資金が集まりそう。

 

特に、全体相場が落ち着いてきたころに何に資金が向くかといえば、やはりIPOや新興になってくるわけで、

是非とも年末年始の餅つき相場にはのりたいところ。

 

直近IPOや、今後出てくるIPOに視点を向けながら進めて行きたいと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ