【相場観】アメリカ利上げでの円安 材料出尽くしともならずさらに日本株上昇へ

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

FOMCで利上げ決定。
紆余曲折あり、時間も、イエレン氏の慎重さもあり、長くかかったという印象がありますが、
この年末にアメリカが利上げを実行。

米連邦準備理事会(FRB)による
米連邦公開市場委員会(FOMC)で、
1年ぶりの利上げ。

0.25%の利上げです。

ここまではおそらくコンセンサス通り。
しかし、2017年の利上げ回数の予測が、2回の予想が1回増えて3回の予想とのこと。

ダウは弱い、利あげ予想が多くなったため、ダウにマイナス影響。
ドル円はドル高に傾く。

来年のことを考えると、今の段階で2回の予想が1回に増えたとのことですが、
イエレン氏の対応方法を考えて行くと、今の段階では3回といっていますが、
慎重にいき、決定が遅れて、2回になる・・・といった考え方も今のうちから想定したほうがよいでしょう。

そうなった場合はドル安円高、日本株安、となる可能性もある。
3回の利上げであれば4・8・12月あたりか。
このあたりの付近のFOMCは要注意ですね。

なお、ドルが117円を突破、凄い動きですが
日経平均にはさほど好影響を与えておりません。

ダウがマイナス、利上げの厳しさ、今後のFOMCでの展開、117円まで上げていたドル円・・・ということを考えると、さすがにこれ以上ガンガン買いにいっている外国人投資家も、そろそろ落ち着いてくるかもしれないと思います。

今日明日、来週あたり押し目、あるいは調整に注目です。
調整があれば買ってみたい場面ではありますが、個別も面白いものが沢山ありますから、順次必要に応じて紹介してまいります。

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読

※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ